1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「JBL LIVE PRO+ TWS」にメタリックの新色が追加! さらに同じショートスティック型のエントリーモデル「JBL WAVE200TWS」も新登場!

PR TIMES / 2021年10月22日 9時45分

楽天デイリーランキングで3冠※1を獲得した完全ワイヤレスイヤホン

 ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてポータブルスピーカー3年連続販売台数No.1に輝く※2「JBL」ブランドより、楽天デイリーランキングで3冠※1を獲得した、ハイブリッドノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホン「LIVE PRO+ TWS(ライブ プロ プラス トゥルーワイヤレス)」の新色「ローズゴールド」と「クロム」を追加。さらに、完全ワイヤレスイヤホンのエントリーライン「WAVE」シリーズより、ショートスティックタイプに刷新したお求めやすい最新エントリーモデル「WAVE200TWS (ウェーブ200 トゥルーワイヤレス)」が登場いたします。両モデルとも、2021年10月22日(金)よりJBLオンラインストア、JBL Store(横浜)及びJBL公式楽天市場店限定で発売を開始いたします。さらに公式楽天市場店では、両モデルの発売を記念して、4日間限定の記念セールも実施いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12767/274/resize/d12767-274-4d479571d858589ee159-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/12767/274/resize/d12767-274-034fb17fcc747a93cafc-1.png ]

<LIVE PRO+ TWSについて>
 JBLは、完全ワイヤレスイヤホンの需要が高まる中、多くの人が抱える「耳に合わない」、「サイズが大きすぎる」などのイヤホンに対する課題や、購入の阻害要因となっているフィット感に着目し、独自開発によって、JBL史上最高の付け心地を追究した、ブランド国内市場初導入の「ショートスティック型」の完全ワイヤレスイヤホン「LIVE PRO+ TWS」を今年6月に発表しました。本モデルは、多方面で高い評価を獲得し、JBLオンラインストア、JBL Store(横浜)及びJBL公式楽天市場店での限定発売でありながら、楽天デイリーランキングの中でも第1位※1を記録するなど、ユーザーの方が抱えていた長年の課題やニーズに応える製品として注目を集めました。

 高い人気を誇る理由として、「ショートスティック型」ハウジングデザインを採用することで、筐体の大型化の原因となる充電池などを効率的に配置し、外耳の耳に接する部分を極限まで最小化。さらに、人間工学に基づいた独自の形状と相まって、イヤホンの落下や紛失の不安を大幅に軽減することに成功した特別設計のモデルです。快適で圧倒的なフィット感の他にも高精度のノイズキャンセリングや長時間再生などの高機能性を確保し、プライベートからビジネスまで幅広いシーンで活躍します。そして、注目のカラーバリエーションは、落ち着きのあるブラック、ホワイト、ベージュの前3色に加え、今回新たにローズゴールドとクロムの2色が登場。装飾を排したシンプルな「ミニマルデザイン」を継承しつつ、メタリックでありながら上品な光沢色のラインナップにより、性別・スタイル・シーンを問わずお使いいただけるマルチなモデルとして日常に彩りを与えます。

<WAVE200TWSについて>
 今回、同時に発売となる「WAVE200TWS」は、「LIVE PRO+ TWS」が誇る「ショートスティック型」の魅力をより手軽に体験できる新エントリーモデルです。「WAVE」シリーズ第1弾として登場した完全ワイヤレスイヤホン「WAVE100TWS」がバット型の筐体であるのに対して、新モデルでは「ショートスティック型」を採用したことで、気軽に安定したフィット感を得られます。また、「LIVE PRO+ TWS」に対しても、さらにスティックの長さが短めの設計となり、長髪の方や耳飾りを付けている場合でも、引っかかるなどの不快感を与えないコンパクトなサイズに仕上がりました。無理なくフィットする快適な付け心地により、長時間の使用でも耳が痛くなりづらく、より音楽と一緒に過ごす時間をお楽しみいただけます。

 エントリーモデルでありながら、ほぼ丸1日お使いいただける、最大約20時間※3の音楽再生を実現したバッテリー搭載加え、本モデルより約15分の充電で約1時間分の再生時間を確保できる急速充電機能を追加。通勤や通学の往復時だけでなく、長時間にわたるリモート会議や連続したオンライン授業などでも、充電切れを頻繁に気にすることなく安心してお使いいただけるようになりました。

 また、同シリーズの「WAVE100TWS」では、フタなしの革新的なデザインの充電ケースが特徴であり話題を呼びましたが、本モデルでは、フタ付きで丸みを帯びたフォルムの手に収まりやすいコンパクトサイズのポータブル充電ケースを付属。色の濃淡で分かれた、フタとボディの切り替わり部分がポップでカジュアルな印象を与えます。定番カラーのブラック、ホワイトをはじめ、昨今のトレンドでもある “くすみカラー” を採用したブルーの全3色をご用意しています。自分のスタイルに合わせて、ファッションアクセサリーの一部としてもお楽しみいただけるようなデザインです。

 究極のフィット感を追究したショートスティック型の2モデル「LIVE PRO+ TWS」と「WAVE200TWS」で、日常生活におけるあらゆるシーンで、JBLサウンドクオリティを快適にご体感ください。

【LIVE PRO+ TWS】

[画像3: https://prtimes.jp/i/12767/274/resize/d12767-274-5d4e3ab505c6f00ea1ba-2.png ]



【WAVE200TWS】

[画像4: https://prtimes.jp/i/12767/274/resize/d12767-274-5402e7f416012b0bea33-3.png ]



【特長】
【LIVE PRO+ TWS】
■ メタリックの新色追加で全5色の豊富なカラーバリエーション

[画像5: https://prtimes.jp/i/12767/274/resize/d12767-274-0069c8ace67ef861624b-4.png ]

新色として「ローズゴールド」と「クロム」の2色を追加。シックで落ち着きのある、ホワイト、ベージュ、ブラックの既存3色に加え、光沢感溢れる上品なメタリック色が仲間入りです。性別問わず、スタイリングやシーンに応じてお好みのカラーを、プライベートからビジネスシーンまで幅広くお使いいただけます。

■楽天デイリーランキングで3冠※1獲得したブランドの自信作
「LIVE PRO+ TWS」は、JBLオンラインストア、JBL Store(横浜)及びJBL公式楽天市場店限定で今年6月に登場しました。その後、本モデルの最もポイントとなるフィット感や希少なカラーリングなど、機能性、デザイン性ともに高い評価をいただき、楽天デイリーランキングの「TV・オーディオ・カメラ」、「オーディオ」、「ヘッドホン・イヤホン」部門でそれぞれ第1位※1を獲得しました。

[画像6: https://prtimes.jp/i/12767/274/resize/d12767-274-a6d983b1b42b991ae187-5.png ]

■JBL史上最高のフィット感を追究した 「ショートスティック型」デザイン採用
JBLでは、完全ワイヤレスイヤホンのフィット感に悩みを持つ人の多くが、耳の大小だけではなく、その構造に特徴があることを突き止め、様々な構造に適したフィット感を提供するために独自開発を重ねました。その結果、新たに「ショートスティック型」デザインを採用したことにより、これまでの完全ワイヤレスイヤホンの課題であった装着時の違和感や、それにともなう落下・紛失の不安を解消し、誰でも快適にJBLのクリアでパワフルなサウンドをお楽しみいただけるようになりました。

<快適なフィット感を実現するポイント>
●充電池やアンテナなどのパーツを、極力、外耳の外のスティック部にレイアウトし、筐体を小型化。
●本体の厚みを約15mmという薄型に設計し、窪み(コンチャ)が浅く狭い耳から、大きな耳まで幅広い形状に対応。
●5種類のサイズ・形状の異なるイヤーチップを付属。大きさだけでなく深さが浅い型の2種類をご用意。
●専用のアプリを使用することで、現在の装着具合が最適であるかをチェック機能にも対応。

■上位モデル譲りのハイブリッド式ノイズキャンセリング搭載

[画像7: https://prtimes.jp/i/12767/274/resize/d12767-274-068b8ffb4f81db02ac39-6.jpg ]

本モデルは、JBL完全ワイヤレスイヤホンの上位モデル「CLUB PRO+ TWS」や「TOUR PRO+TWS」にも採用されているハイブリッド式ノイズキャンセリングを搭載しています。「CLUB PRO+ TWS」に比べ、より低い帯域のノイズにも対応し、人混みや車の多い雑踏といった街中のノイズも大幅に低減するなど、オールラウンドな環境に対応できるよう進化しました。さらに、周囲の環境音を取り込むことができる「アンビエントアウェア」や「トークスルー」機能にも対応しているため、外出先のショッピングの会計時や仕事中に話しかけられた場合でも、スムーズに対応できます。

■ 最大約28時間※3のワイヤレス再生を実現、10分の充電で1時間使用できる高速充電にも対応
ノイズキャンセリング機能をオンにした状態で、イヤホン本体は約6時間再生、充電ケースはフル充電でイヤホンに18時間分の充電が可能であり、最大約24時間の長時間ワイヤレス再生を実現。さらにノイズキャンセリング機能がオフの状態では、イヤホン本体で約7時間、充電ケースに入れて約21時間分の最大約28時間※3のワイヤレス再生が可能です。高速充電にも対応しているため、外出時や突発的なオンライン会議など、急遽必要になる場面での対応力にも優れています。

【WAVE200TWS】
■音も装着感も妥協しない「WAVE」シリーズのスティックタイプモデル新登場

[画像8: https://prtimes.jp/i/12767/274/resize/d12767-274-9d033b20591b73b262fd-7.jpg ]

「WAVE200TWS」は、フタなしの充電ケースのデザインで話題を呼んだ「WAVE100TWS」のスタイル違いを提案するモデルであり、JBL国内市場第2弾となる「ショートスティック型」の完全ワイヤレスイヤホンです。“聴きたいときに手軽に良い音をすぐにお楽しみいただける”というコンセプトのもと、約8mm径のダイナミックドライバーの搭載は前モデルから継承しつつ、多くの耳形状の研究と人間工学に基づく設計のスティック型の採用により、JBLが誇るパワフルなサウンドと共により快適な音楽体験を提供します。スティックの長さは、「LIVE PRO+ TWS」よりも短い21.8mmとJBL史上最短を実現し、耳元に垂れる装着時の不快感をより軽減しています。

■最大約20時間※3のワイヤレス再生と15分の充電で1時間使用できる急速充電にも対応

[画像9: https://prtimes.jp/i/12767/274/resize/d12767-274-39a07b26f0c192c7e9f9-8.jpg ]

イヤホン本体は、Bluetoothに接続して最大約5時間のワイヤレス再生が可能です。充電ケースにイヤホンを収納すれば最大約15時間分の充電をすることができ、合計で最大約20時間※3の音楽再生を実現します。また、本モデルより急速充電機能を追加し、約15分の充電で約1時間の再生が可能になりました。通勤や通学などの移動時間はもちろん、長時間の音楽・動画視聴やオンライン授業など、聴きたいときに、聴きたい音をより便利にお楽しみいただけます。

■ファッション感覚で自由に楽しめるポップでカジュアルなデザイン
デイリーで自由にお好みの色をお使いいただけるよう、ブラック、ホワイト、ブルーの全3色を展開。付属のコンパクトなポータブル充電ケースは、丸みを帯びた柔らかいラインで手にフィットしやすく、イヤホンを使用していないときの持ち運びにも便利なサイズです。ケースとボディの色は、濃淡によって切り替えており、さりげないデザインのこだわりがポップでカジュアルな印象を与えます。
[画像10: https://prtimes.jp/i/12767/274/resize/d12767-274-78e023010192463c3c05-9.png ]



【お得な発売記念セール】
「LIVE PRO+ TWS」と「WAVE200TWS」の発売を記念して、JBL公式楽天市場店にて、4日間限定の発売記念セールを実施いたします。対象期間内にご購入いただいた方には、楽天ポイント15倍分付与のお得な特典付きです。
●セール期間:10月22日(金)~10月25日(月)23:59まで
●購入場所:JBL公式 楽天市場店( https://www.rakuten.ne.jp/gold/jblstore/
●対象商品:「LIVE PRO+ TWS」全5色、「WAVE200TWS」全3色

【主な仕様】
【LIVE PRO+ TWS】
製品名:JBL LIVE PRO+ TWS
タイプ:ハイブリッドノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホン
カラー:ローズゴールド、クロム
Bluetooth:バージョン5.0
対応プロファイル:A2DP V1.3, AVRCP V1.6, HFP V1.7
ユニット:11mm径ドライバー
周波数特性:20Hz-20kHz
対応コーデック:SBC、AAC
重量:イヤホン本体:各約5g、充電ケース:約49.5g
連続使用時間※3:<ANCオフ時>
         電池(イヤホン): 充電: 約2時間、音楽再生: 最大約7時間
         電池(ケース): イヤホン充電可能時間:最大約21時間
         <ANCオン時>
         電池(イヤホン): 充電: 約2時間、音楽再生: 最大約6時間
         電池(ケース): イヤホン充電可能時間:最大約18時間
防水規格:IPX4※4(ヘッドホン本体のみ)
付属品:USB Type-C充電ケーブル、
    イヤーチップ(深め M / L、浅めS / M / L) ※Mサイズ装着済み
価格:JBLオンラインストア / JBL公式 楽天市場店価格 17,800円(税込)
発売日:2021年11月22日(金)発売予定

【WAVE200TWS】
製品名:JBL WAVE200TWS(ウェーブ200トゥルーワイヤレス)
タイプ:完全ワイヤレスイヤホン
カラー:ブラック、ブルー、ホワイト
Bluetooth:バージョン5.0
対応プロファイル:A2DP V1.3、AVRCP V1.6、HFP V1.7
ユニット:8mm径ダイナミックドライバー
周波数特性:20Hz-20kHz
対応コーデック:SBC、AAC
防水性能※4:IPX2
重量:イヤホン本体:左右各約9g、充電ケース:約41g
連続使用時間※3:電池(イヤホン):充電: 約5時間 音楽再生: 最大約20時間
         充電ケース:約15時間
         (約15分の充電で約1時間使用可能)
         ※充電・再生時間は使用環境により異なります。
付属品:充電ケーブル(USB Type-C)、イヤーチップ(S / M / L) ※Mサイズ装着済み
価格:オープン価格 ※公式通販サイト販売価格 価格6,600円(税込)
発売日:2021年10月22日(金)

※仕様、価格は変更となる場合がございます。
※1 「TV・オーディオ・カメラ」「オーディオ」「ヘッドホン・イヤホン」の各カテゴリ10月10日(日)更新(集計日10月9日)にて記録。
※2 全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2021」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を3年連続で獲得しました。
※3 充電・再生時間は使用環境により異なります。※4 15度以内で傾斜しても鉛直に落下する水滴から保護する等級と言われています。

<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、様々な世界的なスポーツイベントでも採用されています。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)、Revel(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍し、2017年3月にて韓国サムスン電子の子会社となりました。

お客様のお問い合わせ先
ハーマンインターナショナル株式会社
Tel: 0570-550-465
https://www.harman.com/Japan

オンラインストア
・ブランド公式サイト: https://jp.jbl.com/
・楽天市場: https://www.rakuten.ne.jp/gold/jblstore/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング