カラオケJOYSOUND 年間ランキング発表!金爆「女々しくて」が首位を獲得!「紅蓮の弓矢」、「恋するフォーチュンクッキー」などヒット曲も誕生!

PR TIMES / 2013年12月2日 12時11分



株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区、社長:吉田篤司)は、12月2日(月)、業務用通信カラオケ「JOYSOUND」シリーズ、および「UGA」シリーズにて歌唱された楽曲の回数に基づき集計した「2013年JOYSOUND年間ランキング」を発表します。

▽年間ランキング 特集ページ: http://joysound.com/st/2013year_ranking/
※集計期間:2013年1月1日~11月30日。12月の1ヶ月分によるランキングへの影響が軽微であるため、速報として発表。

2013年のカラオケランキングで頂点に輝いたのは、昨年の年間ランキングで惜しくも首位をAKB48の「ヘビーローテーション」に譲ったゴールデンボンバーの「女々しくて」。2009年にリリースされた楽曲ながら、ゴールデンボンバーのブレイクとともに幅広い世代からの厚い支持を受け、昨年9月から今年5月まで36週に渡って週間ランキングの首位を独占。今年は、2位の「残酷な天使のテーゼ」と比較しても2倍以上の歌唱回数を記録するなど、驚異的な人気を集めました。

その「女々しくて」を週間ランキングで抑え、初登場1位と衝撃デビューを飾ったのは、6月5日に異例の歌詞表示なしでカラオケ先行配信を開始したアニメ『進撃の巨人』の前期オープニングテーマ Linked Horizon「紅蓮の弓矢」。その後、CDブックレット表記をそのまま歌詞テロップに再現したカラオケの配信でも話題を集めた同曲は、6月の配信開始にもかかわらず年間ランキングで6位と上位にランクインを果たし、存在感を示しました。このほか、8月のリリース以降、現在に至るまで週間ランキングで首位を独占しているAKB48「恋するフォーチュンクッキー」は初登場13位と大健闘。ランキング圏外では、ドラマ『あまちゃん』の挿入歌「潮騒のメモリー」が人気を集めるなど、新たなカラオケヒット曲に恵まれた1年だったと言えそうです。

また、若年層を中心に支持を集めているVOCALOID楽曲からは、WhiteFlame「千本桜」が2年連続で3位にランクインを果たし、変わらぬ人気を示しました。JOYSOUNDでは、2007年にカラオケとして初めてVOCALOID楽曲の配信をスタートし、現在では業界最多となる3,000曲以上の楽曲を配信中。VOCALOID楽曲に絞った年間ランキングでは、定番曲に加え、昨年後半にカラオケ配信を開始した「脳漿炸裂ガール」や「いーあるふぁんくらぶ」も上位にランクインを果たしており、2014年も新たなヒット曲の誕生に期待が高まります。

アーティストランキングにおいては、「ヘビーローテーション」に続いて、「恋するフォーチュンクッキー」でヒットを飛ばすAKB48が3年連続首位の快挙。「女々しくて」のブレイクで、ゴールデンボンバーが昨年14位から5位へ大躍進を遂げたほか、今年35周年を迎え、5年ぶりの復活を遂げたサザンオールスターズが圏外から19位に大幅に順位を上げ、盛り上がりをみせました。

このほか、年間ランキング 特集ページでは、バラエティに富んだジャンル別ランキングを掲載しております。是非あわせてお楽しみください。

※「VOCALOID」はヤマハ株式会社の登録商標です。  
※選曲番号別ではなく、楽曲別として、“本人映像カラオケ”や“アニメカラオケ”等のオリジナルコンテンツも合算したランキングです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング