宮津・天橋立を起点とした丹後エリアの観光に便利なラッピングバスの運行や伊根航路の31年ぶりの復活、企画切符の発売を実施します

PR TIMES / 2014年6月25日 11時46分

丹後海陸交通株式会社(本社/京都府与謝野町 取締役社長/小倉信彦)は、「海の京都」事業※に合わせた丹後エリアの広域観光プロモーションを次のとおり展開し、観光でお越しいただく皆様に元伊勢籠神社(もといせこのじんじゃ)・伊根(舟屋群(ふなやぐん))・経ヶ岬(きょうがみさき)灯台・宇川(うかわ)温泉・屏風岩(びょうぶいわ)・琴引浜(ことびきはま)などの風光明媚な丹後半島の名所を快適に、便利に巡っていただき、魅力あふれる丹後エリアを十分満喫していただけるよう、おもてなしを強化してまいります。



リリース(PDF)はこちら → http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20140625_2465.pdf

<丹後エリアの広域観光プロモーション>
1. ラッピングバス「ぐるっと丹後周遊バス(愛称:ぐるたんバス)」を運行します。
2. 天橋立・宮津と伊根(舟屋群)を結ぶ「伊根航路」が31年ぶりに復活します。
 「伊根航路」には新造船「KAMOME6」が就航します。
3. ぐるたんバスと鉄道、ぐるたんバス・路線バスと伊根航路を合わせたお得で、便利な2つの企画切符「ぐるたんパス」と「ぐるたんシーパス」を発売します。

※「海の京都」事業とは
京都府が主体となり、日本海に面する京都府北部地域の歴史的・地理的背景を活用し、高速道路整備・鉄道の再生・舞鶴港埠頭整備など陸と海の交通基盤整備の進捗に合わせて、マーケティングや観光プロモーション、イベントなどのソフト施策と観光地の景観整備・観光施設のリニューアルなどのハード施策への集中投資を行い、魅力ある観光まちづくりを総合的かつ計画的に実施していく事業。

========================================
1. ラッピングバス「ぐるっと丹後周遊バス(愛称:ぐるたんバス)」を運行します。
========================================
ぐるたんバスは、天橋立駅を出発し、丹後半島の観光スポットのみに停車していく周遊バスとして、網野駅または浜詰(はまづめ)・夕日ヶ浦(ゆうひがうら)まで運行いたします。
(注:逆方向は運行いたしません。)
このたび、天橋立駅を起点とした丹後半島の周遊性を高めるため、ぐるたんバスで丹後半島をめぐり、網野駅に到着した後は、北近畿タンゴ鉄道を利用し、天橋立駅まで戻ることのできる企画切符「ぐるたんパス」も販売します。
1)運行期間
 2014年7月19日(土)~11月30日(日)の土日祝(計46日)
 (2015年以降は、春の行楽シーズンからの運行を予定しております。)
2)運行経路
 天橋立駅⇒丹後半島の各観光スポット⇒網野駅⇒浜詰・夕日ヶ浦(午後 第5便から)
 (1方向のみに運行します。)
 ※詳細は、http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20140625_2465.pdfをご覧ください。
3)運行時刻
 天橋立駅発8:40~15:40まで1時間おきに運行(1日8便)
 ※詳細は、http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20140625_2465.pdfをご覧ください。
4)停 留 所
 天橋立駅、元伊勢籠神社(傘松公園)、伊根湾めぐり日出(遊覧船のりば)
 伊根(伊根浦舟屋群)、経ヶ岬展望所、宇川温泉よし野の里
 ※屏風岩、てんきてんき村(立岩・古代の里資料館)
 琴引浜(鳴き砂海岸・鳴き砂文化館)、網野駅、浜詰・夕日ヶ浦
 ※ピクチャースポットとして約5分間停車します。
5)運 賃
 丹後全域上限200円バス※の運賃体系を適用します。
6)そ の 他
 使用する車両のうち2両は、上品な外観と落ち着いた内装の海の京都をイメージしてデザインしたラッピングバスです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング