1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ファン育成プラットフォーム「FANSHIP」、ファッション通販サイト「fifth」アプリのマーケティングDXを支援

PR TIMES / 2021年8月23日 13時15分

マーケティング施策の自動化とブランドエンゲージメントの向上を実現

 株式会社アイリッジ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小田 健太郎、東京証券取引所マザーズ:3917、以下「アイリッジ」)は、提供するファン育成プラットフォーム「FANSHIP」が、2021年8月19日に株式会社CODE SHARE(本社:東京都渋谷区、代表取締役:江島 晋一、以下「CODE SHARE」)の「fifth」アプリに導入されたことを発表します。「fifth」アプリは、CODE SHAREが提供するレディスファッション通販サイト「fifth」の公式アプリで、アイリッジは「FANSHIP」および「FANSHIP」を活用したマーケティング支援の提供を通じて、マーケティング業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援していきます。



 「fifth」アプリは、レディスファッション通販サイト「fifth」でのお買い物ができるアプリで、アプリ限定のコンテンツやクーポンなども用意されています。今回アイリッジのファン育成プラットフォーム「FANSHIP」は、プッシュ通知やアプリ内メッセージが通数制限なしに送れる点やセグメントごとの配信の自動化ができる点などが評価され、アプリマーケティングツールとして採用されることになりました。今後はキャンペーン情報や新商品、再入荷、予約販売などの情報のタイムリーなお知らせや、商品をカートに入れたままになっているユーザーへの自動リマインドなどの施策に活用される予定です。

 アイリッジでは、「fifth」とアプリ保有顧客との接点を強化するために必要な、フレームワーク作成等のマーケティング設計も支援しており、マーケティング業務のDX化を推進するとともに、快適なユーザー体験を提供することで「fifth」ブランドのファンを増やしていくことを目指します。
[画像: https://prtimes.jp/i/11255/275/resize/d11255-275-108b12ca53a3415a1a46-0.jpg ]




「fifth」アプリについて

・FANSHIP導入日
2021年8月19日

・主な提供機能
1)「fifth」EC機能
トレンド、ベーシックアイテムからカジュアルアイテムまで揃う、「fifth」でのお買い物を楽しめます。その他キッズ、ベビー、生活雑貨、アンダーウェア、コスメなど幅広い商品を取り扱っています。

2)アプリ限定コンテンツ・クーポン
アプリ限定コンテンツやクーポン、セール情報などをプッシュ通知で受け取れます。キャンペーン情報や新商品、予約販売などの情報もタイムリーにお知らせします。

3)会員登録・お気に入り
お気に入り登録するとセール情報や入荷情報などお得な情報を確認できます。


アプリダウンロードページ

iPhone: https://itunes.apple.com/jp/app/fifth-fifusu/id932704790?mt=8
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.fifth


FANSHIP(ファンシップ)とは

 「FANSHIP」は、顧客を優良顧客へと育成し売上・利益を最大化するファン育成プラットフォームです。顧客のオンライン行動履歴とオフライン行動履歴、CRMデータを取得・分析して結び付きの強さ(ファンレベル)ごとにセグメンテーションでき、分析後は、自社アプリでの施策に加え、LINEを通じたコミュニケーションが有効な顧客にはLINE公式アカウントでのプッシュ通知やOne to Oneトーク等での施策も可能です。金融機関での導入事例も多く、メガバンクを始めとして約50の機関をご支援しています。
https://www.fanship.jp/


株式会社アイリッジ

 株式会社アイリッジは、「Tech Tomorrow:テクノロジーを活用して、昨日よりも便利な生活を創る。」という理念のもと、スマートフォンを活用した企業のO2O(Online to Offline)/OMO(Online Merges with Offline)支援を軸に、フィンテック、不動産テック、VUI(音声インターフェース)等、幅広い領域で事業を展開しています。O2O/OMO支援ではアプリの企画・開発における業界トップクラスの実績に加え、アプリのマーケティング施策にも強みを持ち、ユーザーごとに結び付きの強さを判断し優良顧客へと育成するファン育成プラットフォーム「FANSHIP」を通じて、購買促進やCX改善の支援を行っています。
https://iridge.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング