1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

エレン・マッカーサー財団がロクシタンを最もエンゲージメントの高いブランドのひとつに選出

PR TIMES / 2021年11月26日 14時15分

エレン・マッカーサー財団は、「ニュー・プラスティック・エコノミー・グローバル・コミットメント」に関する2021年の進捗報告書を発表しました。この報告書では、循環型プラスティック経済に向けて署名した62社の企業が行った進捗状況を測定しています。ロクシタンは、その説得力のある結果と意欲的な目標により、最も関与しているブランドのランキングで第3位、美容業界の企業の中では第1位を獲得しました。

「今回の受賞は、私たちにとって非常に大きな意味を持ちます。プラスチック汚染に対処するために実施してきた戦略や行動の正当性が確認されたと同時に、さらに前進するための励みにもなります」とロクシタンR&Dパッケージング・ディレクターのデビッド・ベイヤードはコメントしています。

エレン・マッカーサー財団は、2019年から毎年「ニュー・プラスティック・エコノミー・グローバル・コミットメント・プログレス・レポート」を発表しています。このレポートは、循環型プラスチック経済に向けたブランドの進捗状況を測るためのベースラインとなります。主要なデータ(包装材の数量や再生材の割合など)のおかげで、この報告書はこれまでにないレベルの透明性を実現しています。特に、署名企業は、2019年から2025年の間に「問題のある」パッケージを排除し、リサイクルプラスチックの使用量を5倍に増やすことを約束しています。同様に、プラスチックの使用を廃止、再利用、革新するとともに、廃棄物や汚染を避けるために循環型の活動を展開するよう行動を呼びかけています。

ロクシタンは消費と再生は切っても切れない関係にあると考えています。さらに、国際的なビューティビジネスとして、構想段階からパッケージの製造に至るまであらゆるレベルの行動を指導しています。2019年に「ニュー・プラスティック・エコノミー・グローバル・コミットメント」に署名することで、透明性のある活動を行い、その取り組みを継続的に改善していくことを約束しました。そのため、2018年から2025年の間に、生産するすべての製品に平均40%の再生プラスチックを使用することを目指しています(現在は21.4%)。また、毎年使用するプラスチックの総重量を10%削減することも目指しています(その間の事業拡大サイズに関わらず)。さらに、2025年までに3つのカテゴリーで100%を達成するという高い目標を掲げています。

100%のプラスチックボトルがリサイクル素材から作られること
100%のプラスチックパッケージがリサイクル可能、再利用可能、または堆肥化可能であること
100%の直営店でリサイクルサービスを提供すること



取り組みへの3つの軸
エレン・マッカーサー財団のミッションは、廃棄物削減への取り組みとしてロクシタンが掲げている以下3つの軸に基づいています。

Reduce 【リデュース】– 廃棄物の削減と製品の長寿命化
より一般的なレベルでは、ロクシタンは、不要な使い捨てプラスチックを完全に排除することを目指しています。
ロクシタンは、スペインとドイツでのパイロットプログラムを成功させた後、2021年から「リフィルファウンテン」の設置数を増やし、シンプルさと革新性の融合を目指すブランドの取り組みを展開しています。ロクシタンの代表的な5つの製品について、お客様は、100%リサイクル素材を使用したリサイクル可能な軽量アルミニウム製のフォーエバーボトルに、お好きな量(250mlまたは500ml)を詰め替えることができます。このエコデザインのファウンテンは、従来のパッケージに比べてプラスチックの使用量を94%削減しています。
同様に、25のベストセラー商品にエコリフィルを提供しています。この容器は、従来のボトルに比べてプラスチックの使用量を平均85%削減しており、年間で約200トンのプラスチックを節約しています。2025年には100%リサイクル可能なエコリフィルの開発を目指しています。

Recycle【リサイクル】 – 循環型経済に向けて
プラスチックを減らし、好循環を生み出すための活動に加えて、この10年間、ファイブハーブスのヘアケアシリーズに100%リサイクルPET製のボトルを使用してきました。また、300mlと500mlのリキッドソープのボトルも100%再生プラスチックを使用しています。ロクシタンの65製品は、100%リサイクルプラスチックで包装されています。

React【リアクト】 – 責任ある、持続可能なプラスチックの使用を奨励する
ロクシタンは、その取り組みをバリューチェーンの枠を超えて展開するために、最も革新的な企業や組織と協力して環境汚染と闘っています。この目的のために、ロクシタンは、プラスチックオデッセイ、SPICE、BeMedなど、世界をリードする献身的なプロジェクトに参加しています。
2021年6月、ロクシタンは、エレン・マッカーサー財団による拡大生産者責任(EPR)の呼びかけに応え、150を超えるパッケージ分野の団体(企業、NGO、専門家、慈善団体)と共に参加しました。特にこのイニシアチブは、署名者が使用と支払いを義務づけられた収集システムを確立することで、循環経済の理念に沿ったパッケージの選別とリサイクルのコストをカバーし、実質的に確保することを目的としています。これらのいくつかの例は、ロクシタングループの持続可能なコミットメントのほんの一部であり、毎年、「持続可能な開発報告書」に詳細が記載されています。


エレン・マッカーサー財団について
エレン・マッカーサー財団は、いくつかの分野で循環型経済への移行を促進する活動を行っています。New Plastics Economy」は、効率的なプラスチック回収システムへの移行を促進することを目的としています。このイニシアチブでは、循環型経済の原則を適用することで、主要な関係者が集まり、パッケージをはじめとするプラスチック素材の未来について再考します。

ロクシタンジャポン株式会社
輝く太陽と咲き誇る花々の豊かな自然に包まれた南仏プロヴァンス。1976年にその地で生まれたロクシタンは、厳選された植物素材を使用したスキンケアやボディケア、フレグランス製品などを通じて、プロヴァンスの生活を提案するライフスタイルコスメティックブランドです。植物原料とエッセンシャルオイルを使用したナチュラルコスメの先駆けとしてスタートして以来、その上質なアイテムの数々は90ヶ国以上、約3000店舗で展開し、世界中の人々に愛されています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください