【ホテル日航プリンセス京都】世界を感動させた日本ワインとお話、ディナーで綴る「ワイン・メーカーズ・ディナー」

PR TIMES / 2012年1月13日 16時12分



ホテル日航プリンセス京都(京都市下京区烏丸高辻東入ル、総支配人:大和秀輔)では、2012年3月2日(金) 鉄板焼「豊園」において、登美(とみ)の丘ワイナリー(山梨県甲斐市大垈)のワイナリー長・高田清文氏を迎え、お話とワイン、料理を楽しむ「ワイン・メーカーズ・ディナー」を開催いたします。

当日は、高田氏よりワイン製造にまつわるエピソードや造り手の思い、自然との共生や森林保護活動にもおよぶ持続的農業への取り組みなど興味深いお話を伺います。その後は、コースディナーと登美の丘ワイナリーのワインを召しあがっていただきながら、それぞれのお料理とワインとのマリアージュについて、高田氏とソムリエ・藤原剛が語ります。

近年、品質向上がめざましい「日本ワイン」の生産者のなかでも、その先駆者的存在である「登美の丘ワイナリー」は、100年以上の歴史をもち、自家農園を持つワイナリーとして、日本の風土にふさわしいワイン作りをめざしています。その特徴は、繊細さとしなやかさです。中でも「登美の丘」シリーズは、自園産のぶどう100%で造られ、ワイナリーを代表するワインとして、フランスをはじめ欧州でも高い評価を得ています。
本イベントでは、「登美の丘」シリーズをはじめ、特別ディナーに合わせた6種類のワインをお楽しみいただきます。

●「登美の丘ワイナリー・高田清文氏を迎えて ワイン・メーカーズ・ディナー」実施要項
日 時:2012年3月2日(金)
受付 18:30~、ディナー 19:00~21:00
場 所:鉄板焼 豊園(2階)
料 金:お一人様 15,000円 (要予約)
※料金にはディナー・ワイン6種・税金・サービス料が含まれております。

●ディナーコースとワインについて

◆活鮃の軽い昆布じめ 柚子の香り フレッシュハーブ飾り
ワイン 《2010 登美の丘 甲州》(白ワイン)
樽を効かせた甲州種100%の白ワイン。甲州の繊細な柑橘系の香りにバニラのような香りが加わっています。お料理は柚子の香りをつけ、ハーブを添えてワインの程良い苦みと合わせています。

◆カナダ産活オマール海老のショー・フロワ フヌイユのコンフィ アプリコットと蜂蜜風味
ワイン 《2008 登美の丘 シャルドネ》(白ワイン)
青リンゴ、洋ナシの果実香とトロピカルフルーツを思わせるフレーバー。オマール海老の甘みを優しく引き立てます。

◆穴子の鉄板にぎり寿司
ワイン《2010 ジャパン・プレミアム 塩尻マスカット・ベーリーA》(赤ワイン)
豊かであまやかな果実香にスパイスやハーブの香りが調和。すこし甘めに仕上げた穴子に、マスカット・ベーリーAのソフトな酸味とスパイシー感がよくあいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング