1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

清水エスパルスホームゲームでちびまる子ちゃんが海ごみ削減啓発ショーを開催しました!

PR TIMES / 2021年9月24日 17時45分

2021年9月18日(土) 19時~ 【IAIスタジアム日本平】

しずおか海洋ごみゼロ対策プロジェクト実行委員会は、9月18日(土)に同プロジェクトに賛同している、Jリーグ清水エスパルスVSベガルタ仙台の試合が行われたIAIスタジアム日本平で、静岡海洋ごみゼロPR大使のちびまる子ちゃんと海ごみ削減を訴えるハーフタイムショーを開催いたしました。
このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策事業「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催するものです。



[画像1: https://prtimes.jp/i/77920/279/resize/d77920-279-a14b1a81734e35e413b2-0.jpg ]

イベント概要
・開催概要:清水エスパルスホームゲーム ちびまる子ちゃんハーフタイムショー
・日程:2021年9月18日(土)19時~
・開催場所:IAIスタジアム日本平
・参加人数:5453人
・協力団体:清水エスパルス・日本アニメーション

ちびまる子ちゃんと推進リーダーによるハーフタイムショー
観客の動員人数を制限して、緊急事態宣言下で行われた清水エスパルスVSベガルタ仙台戦。大型ビジョンを使用し、しずおか海洋ごみゼロPR大使のちびまる子ちゃんと推進リーダが海洋ごみ削減を訴えました。
大人気のちびまる子ちゃんに手を振る子供たちの様子がみられました。
熱気にあふれた約5000人のサポーターは、配られたごみ袋を手に自身の出したごみのみならず会場に落ちているごみを拾い集めてくれました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/77920/279/resize/d77920-279-5a3e82539991d6dbd5c0-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/77920/279/resize/d77920-279-3f58185b752ba094b6b8-2.png ]

スタジアムにはブースを設置
会場内には海と日本プロジェクトin静岡県、ならびにしずおか海洋ごみゼロ対策プロジェクトのブースも設置。今年度の活動についてサポーターのみなさんに見ていただきました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/77920/279/resize/d77920-279-39dd6f3525d95ab1a595-3.png ]

参加した子ども・保護者からの声
ごみ拾いに参加したサポーターたちは、まずは身近なスタジアムから綺麗にし、これ以上海にごみが流れ出ないように日頃からごみ拾いなど積極的に行っていきたいと話しました。

団体概要
団体名称:しずおか海洋ごみゼロ対策プロジェクト実行委員会
本社所在地:静岡県静岡市駿河区栗原18番65号
電話番号:054-261-6201
代表理事:秋山信彦
設立:2019年1月15日
活動内容:しずおか海洋ごみゼロ対策プロジェクト実行委員会は日本財団が推進する海洋ごみ対策事業「海と日本プロジェクト・ CHANGE FOR THE BLUE」の一環として、市民の皆さんに清掃活動やワークショップ等を通じ、深刻化する海洋ごみの問題、そして海の大切さや尊さを啓発していきます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/77920/279/resize/d77920-279-f1d1eae823a3a85bf3bf-4.png ]

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/
[画像6: https://prtimes.jp/i/77920/279/resize/d77920-279-0544146162e11dfa1021-5.png ]

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング