2013 年4 月、進研ゼミ『中学講座』の副教材にタブレットPC を導入

PR TIMES / 2012年10月22日 17時40分



2013 年4 月、進研ゼミ『中学講座』の副教材にタブレットPC を導入
机にいながらweb を介した個別学習サポートをすぐに活用できる
『中一講座』会員の希望者に副教材として導入を開始し、順次拡大予定
紙のテキストにオリジナルの学習用タブレットPC を併用することで講座の学習効果を高める狙い
タブレットPC では「テキストの手元動画解説」「ライブ授業」「担任コーチの個別アドバイス」など提供
---------------------
 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、代表取締役社長:福島保、以下ベネッセ)の通信講座進研ゼミ『中学講座』は、2013 年4 月号副教材としてオリジナルの学習用タブレットPC<チャレンジ タブレット>を導入します。
 進研ゼミ『中学講座』では、2008 年のweb サービス「プラスアイ」開講以来、中学生にとっての役立ち・学習効果を追求したweb コンテンツの提供に取り組んできました。そして、サービスの即時化・個別化をさらに深化させていくにあたって、タブレットPC の特性(PC よりコンパクトで手元に置いてすぐ起動できる点)に着目しました。
 本タブレットPC は、単体でなく、紙のテキストと併用して手元に置く活用を想定しています。紙のテキストに取り組んだ際の疑問を「連動した動画解説」を見て解消する、「週1 回の定期的なライブ授業」を受ける、「担任コーチのアドバイス」でやる気を高める等のサービスを、思い立った時に机の上からすぐアクセスして活用していただくことで、講座全体の学習効果をさらに高めることを狙っています。
 また、今回のタブレットPC の活用によって、人がそばで教えてくれるわかりやすさ、先生や仲間とのコミュニケーションを通じて得られる学習のペースメイクややる気アップなど、塾や家庭教師の価値とイメージされている要素も講座内に取り込んでいます。

 進研ゼミ『中学講座』は、受講生に自宅の机に居ながらにして、タブレットPC を活かした個別・即時サービスと、人とつながる温かみを効果的に取り入れ、中学生の学習システムとしてさらに進化します。

 <チャレンジ タブレット>は、中学生が進研ゼミ『中学講座』での学習に活用していただく目的で自社開発したオリジナルのタブレットPCです。「フィルタリング」「使用時間制限」などの安心・安全機能をあらかじめ搭載しています。<チャレンジ タブレット>は、利用を希望する『中一講座』の会員に無料プレゼント*します。
 なお、このタブレットPC を活用した講座内容は来年度の中学1 年生向け講座を対象にスタートし、今後順次3 学年(現会員数78 万人/2012 年4 月現在)へ拡大していく予定です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング