1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

田中千智が“花”をモチーフに12か月を描く「田中千智『花と本』展」が11月17日より文喫 六本木で開催

PR TIMES / 2023年11月13日 15時45分

デザイナー・北川正とのトークイベントも開催

日本出版販売株式会社(代表取締役社長:奥村 景二、略称:日販)および株式会社ひらく(代表取締役:染谷 拓郎)が運営する本屋「文喫 六本木」は、2023年11月17日(金)から12月25日(月)まで、画家・田中千智さんによるアート作品の展示および販売を行う「田中千智『花と本』展」を開催します。また、初日の11月17日(金)には、田中さんと北川デザインオフィス代表・北川正さんを招き、田中さんの作品をデザイナーの視点から掘り下げるトークイベントを開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/23227/281/resize/d23227-281-7a0a031cdaf2fa6eaff0-0.jpg ]

 田中千智さんは、アクリル絵具による黒一面の背景に艶のある油彩でモチーフを描く独自の画風で、国内外から高い評価を得ている気鋭の画家です。今回初めて「花」というテーマに取り組み、季節の花の佇まいを、日々を彩る12か月のカレンダーで表現しました。
 今回の企画展では、カレンダーとその原画を展示販売するとともに、文喫 六本木のブックディレクターが、カレンダーに描かれた一つひとつの花の「花言葉」にちなんで選んだ本を、約150点並べます。漆黒からきらめくように浮かび上がる花の鮮やかさ、背景とモチーフの相反する質感が生むどこか謎めいた雰囲気、見る者によってさまざまに見える人物の表情。想像力をかき立てる田中さんの絵の世界を、その花がもつ意味と、ブックディレクターによる選書がさらに膨らませます。
 また会場には、田中さんが影響を受けた本を集めて自宅の本棚を再現した「私の本棚」を展示します。本と作品を同じ空間に混在させることで、アーティストの内面世界をより深く知ることができます。

 企画展の初日となる11月17日(金)のトークイベントは、田中さんの個展のアートディレクション、展覧会図録やグッズ等のデザインを担当し、今回展示販売するカレンダーの制作も手がけるなど、田中さんと10年来の親交がある北川正さんが、田中さんの作品の魅力をデザイナーの視点で深掘りする内容となっています。

 企画展は無料で入場いただけます(ただし一部の原画は店内有料エリアにも展示されます)。トークイベントの参加申込はチケットサイト「Peatix」にて受付中です(オンライン配信あり)。

【田中千智さんコメント:「田中千智『花と本』展」に寄せて】
振り返ってみると花のようなものを描くことはありましたが、実在する花を描くことがほとんどありませんでした。花びらの数を確認するために花を買いに行ったり、細部を描くために花そのものをじっくり観察していると、まるで絵を描きはじめた頃に戻ったようで、とても新鮮な気持ちになりました。「私の本棚」の再現はとても恥ずかしいのですが、これまでの読書体験を通じて、みなさんとお話ができるきっかけになればと思っています。

■企画展「田中千智『花と本』展」概要
期間:2023年11月17日(金)~12月25日(月)9:00~20:00
会場:文喫 六本木 1F無料エリア「展示室」(東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F)
アクセス:地下鉄日比谷線・大江戸線「六本木」駅 3・1A出口より徒歩1分
入場料:無料
※有料エリアへ入場する場合、平日1,650円・土日祝2,530円(いずれも税込)
「文喫 六本木」オフィシャルWEBサイト:https://bunkitsu.jp/

■会期中イベント「田中千智×北川正トークイベント 『デザイナー視点で掘り下げる田中千智作品の世界』」
日時:2023年11月17日(金)19:00~21:00
会場:文喫 六本木(東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F)
参加費:2,500円(税込) ※オンライン参加の場合は1,100円(税込)
定員 :40名(先着順)
参加申込:https://bunkitsu-20231117tanakachisato.peatix.com

■田中千智 プロフィール
[画像2: https://prtimes.jp/i/23227/281/resize/d23227-281-fc3c11f7e02273a19241-0.png ]

1980年兵庫県生まれ、福岡県糸島市出身。中学生の頃から油絵を描き始める。1998年九州産業大学付属九州高校デザイン科卒業。2005年多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業。2006年より福岡を拠点に画家として制作活動を開始。近年は国内で多数の展覧会を開催するほか、韓国・シンガポール・台湾・英国など海外での展覧会にも出品多数。その他、書籍の装丁画、小学館新本社ビルの大作壁画など幅広い活動を行なっている。代表的な展覧会として、2014年「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ」福岡アジア美術館(福岡)、2016年「I am a painter」横浜市民ギャラリー(横浜)、2021年「九州洋画II:大地の力-Black Spirytus」久留米市美術館(福岡)、2022年「1000のキャンバス」Bunkamura Gallery(東京)。
2023 年「地平線と道」福岡市美術館(福岡)、その他多数。
https://www.instagram.com/chisato.tanaka_painter/

■北川正 プロフィール
[画像3: https://prtimes.jp/i/23227/281/resize/d23227-281-bb130039e0000966fce4-0.png ]

北川デザインオフィス代表
デザイナー/アートディレクター/デザインエデュケーター
外資系広告代理店のアートディレクター、メーカーのチーフデザインディレクターを経て、2007年、北川デザインオフィスとして活動を始める。東京国立博物館やCHANEL NEXUS HALL、国際交流基金アジアセンター、横浜みなとみらいホール、東京都現代美術館など、各地美術館・図書館・ホールでの展覧会、音楽公演のデザインを数多く担当するほか、企業・団体との制作実績として、日本政府観光局、日本航空、CHANEL、GODIVA、日本対がん協会など企業・団体のプロジェクト、プロダクトのブランディング支援、デザインサポートも手がけてきた。美術家・音楽家との共同制作実績も多く、山下洋輔、綾戸智恵、林正樹、菊池成孔などのアルバム制作やコンサート開催のデザイン支援を担当しており、田中千智の作品に関しては、展覧会と画集制作に携わっている。
https://kitagawadesignoffice.blogspot.com/

■本件に関するお問い合わせ
文喫 六本木(株式会社ひらく) 担当:濱中
TEL. 03-3233-4802
E-mail:bunkitsu_roppongi@nippan.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください