6月1日、2015年卒の新卒学生を対象にした相互マッチング型就活サイト『JOBRASS新卒2015』をプレサイトオープン

PR TIMES / 2013年6月3日 14時53分

~ 6月から11月は就活プロフィールを活用して就職活動の『準備期間』に ~

株式会社アイデム(本社:新宿区新宿/代表取締役社長:椛山 亮)は、2015年3月卒業予定の学生を対象とした相互マッチング型就活サイト「JOBRASS(ジョブラス)新卒2015」(http://gakusei.jobrass.com/2015/)を2013年6月1日にプレサイトオープンします。プレサイトでは学生の会員登録およびプロフィールの作成が可能になるほか、前年の企業情報を検索・閲覧することで、学生の企業研究に役立てることができます。また、エージェント(紹介)サービスである「Aidem Smart Agent新卒」や教育サービスである「JOBRASS就活セミナー」を併せて提供することで、企業と学生の相互マッチングをサポートしています。





JOBRASS新卒2015は、従来の新卒就活サイトとは違う新しいスタイルの「相互マッチング型就職活動サイト」です。特徴の一つは「就活プロフィール※」と呼ばれる登録方法です。学生は、学歴、資格、経験などの基本データに加えて、自己PR、希望条件、作品、論文など多様な項目を登録します。これにより学生は、経歴だけでは伝えきれない、学生時代に成し遂げたことなどを企業にアピールすることができるばかりでなく、登録過程において自己理解を深めることができます。また、企業においては就活プロフィールを見ることで、自社の仕事や環境との相性をはかることが可能となります。

一般的に就活の準備期間といわれる6月から11月末までの間、学生の皆様には就活プロフィールへの登録に挑戦していただきたいと当サイトでは考えています。様々な項目に向き合いプロフィールを登録するという作業は、自分を見つめなおす良い訓練になるばかりか、その過程において、改めて自らを客観的に理解することにつながります。12月からの本格的な就職活動を迎える前に、自身及び業界や企業を十二分に理解しておくことが、充実した就職活動や、入社後のミスマッチを防ぐ結果につながります。

また、学生向けに社会人基礎力を身につける教育セミナーを無料で定期的に開催いたしますので、セミナーを通じて本番へ向けた準備を進めることも可能です。
なお、2012年にオープンしたJOBRASS新卒2014は、2013年4月時点での、登録者は6万7,822名。企業会員は、3,500社と利用者数を伸ばしています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング