【ホテルオークラ東京】~日本のフランス料理を進化させた立役者を振り返る~ホテルオークラ総料理長 小野正吉」の本格的評伝ついに刊行

PR TIMES / 2014年3月17日 16時9分

今なお息づく想いを新作のウェディングメニューに託し、3月30日(日)“2014 新ウェディングメニュー発表”

ホテルオークラ東京(代表取締役社長:清原當博)は、2012年に開業50周年を迎えたことを節目とし、フランス料理の真髄を日本に導入し、現在の隆盛を築き上げたホテルオークラ総料理長 小野正吉(1918~1997)の本格的評伝を作家の宇田川悟氏に執筆を依頼いたしました。この度、ついに2014年4月18日(金)柴田書店より「ホテルオークラ総料理長 小野正吉―フランス料理の鬼と呼ばれた男」が刊行されることになりました。ホテルオークラ東京がこれまで「伝統」と表現してきた料理、味の源流がどのように創造されたのか小野正吉の人生とともに紹介されます。また、これに先立ち、2014年3月30日(日)ウェディングフェア「Okura Best Coordinate Vol.6」において、小野正吉のフランス料理の源流を現在に受け継ぐ洋食調理総料理長 善養寺明による“2014 新ウェデイングメニュー~ホテルオークラ東京が誇る料理が揃う8コース~”を発表いたします。





小野正吉、フランス料理の鬼と呼ばれた所以


高度経済成長とともに急速に裾野が広がり、発展してきた日本のホテルやレストランの世界。その大きな流れの中で、日本における「西洋料理」を本格的な「フランス料理」へと高めたのが、総料理長 小野正吉でした。大正生まれの小野は、東京倶楽部、東京ニューグランドといった戦前の名店で修業し、見習いの時代からフランス語の料理書に親しみ、総料理長就任後もポール・ボキューズ、ジョエル・ロブションなどフランス人シェフたちを招聘・交流し、その精神とテクニックに触れてきました。「料理はたえず進歩発展し、新しい料理が日々創り出されること」を信条とし、それまで冷たい料理だけであった立食形式のブッフェ・パーティで、温かい料理を提供することを定着させ、プラッターを火で温め続ける方法も考案するなど宴会料理のスタイルを一新させました。
 厨房中が震え上がるような妥協を許さない厳しい姿勢と、常に学び続け前進しようとする自己研鑽により日本のフランス料理界を牽引しました。


(本書より抜粋)「小柄な体躯の中に秘められた情熱と自負とセンスと一徹、強靭な職人魂に支えながらも旺盛なチャレンジ精神」「小野の半生を振り返れば彼もまた“型破り”の人である。なぜなら、己に基本を会得するために艱難辛苦の末に到達して手に入れた型がなければ、型を破って新しい創造へと向かうことはできないからだ」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング