【報道参考資料】西アフリカ エボラ出血熱への誤解で広がる感染

PR TIMES / 2014年7月14日 15時56分

ユニセフ、感染拡大阻止のために活動拡大



※本信は ユニセフ本部の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に編集
したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_74256.html でご覧いただけます


【2014年7月11日 ジュネーブ・ダカール(セネガル)発】

西アフリカでのエボラ出血熱による死者は、500名を越えました。エボラ出血熱に
関するうわさや恐怖心、誤解による感染拡大を食い止めるために、ユニセフと
パートナー団体は地域一帯での活動を拡大しています。

ユニセフ西部・中部アフリカ地域事務所代表のマニュエル・フォンテーンは「うわさ
と状況理解への拒絶によって、エボラ出血熱は感染拡大しています。こうした結果、
住民たちは自身の命をさらに危険にさらしています。この病気の存在そのものを否定
している人もいれば、治療ができないと信じている人もいます」と述べました。


WHO(世界保健機関)がギニア、リベリア、シエラレオネの3カ国で報告した850以上
の症例で、西アフリカで初となるエボラ出血熱の発生は、地域を脅かす大きな脅威と
なっており、その期間も規模も想定を上回るものです。地域社会の中には、エボラ
出血熱への誤解や抵抗、拒絶、時に敵意が広まっており、こうした事情とあいまって、
感染を封じ込めるための人道支援は困難を極めています。


フォンテーン代表は「エボラ出血熱の治療を行うだけでは、対応は不十分です。
エボラ出血熱の感染を断つには、エボラ出血熱を取り巻く恐怖心に打ち勝ち、
地域社会の信頼を得ることが重要なのです。すべての家や市場、教会やモスクを
回り、正しい情報や知識を広めなければなりません。そうするには、より多くの
人員と資金、パートナー団体が直ちに必要です」と続けました。


7月第1週にガーナの首都アクラでは、エボラ出血熱の対応策が協議されました。
WHOは、西アフリカ各国政府やNGO、地域内組織、国連機関と、エボラ出血熱発生
以降初めて、合同で優先順位を定めた取り組みを行うことに合意しました。

これを受け、ユニセフは、ギニア、シエラレオネ、リベリア、ギニアビサウ、
セネガル、マリ、ガンビアの7カ国で、携帯電話のメッセージ機能やすでに実施
しているラジオやテレビ、印刷物などによる広報活動を通じて、感染拡大防止の
取り組みを拡大しています。エボラ出血熱の感染が宣言されて以降、ユニセフと
パートナー団体は、少なくとも550万人に予防メッセージを届けてきました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング