パソナテック「Job-Hub」とスタディスト「Teachme biz」、 取扱説明書作成サービス「取説クラウドソーシング」提供開始

PR TIMES / 2014年4月24日 11時39分

製品の取扱説明書やウェブサービスのユーザーヘルプの作成時間、費用を大幅削減

ITに専門特化した人材サービス・アウトソーシングサービスを行う株式会社パソナテック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉永隆一)が運営する「仲人型」クラウドソーシングサービス「Job(ジョブ)-Hub(ハブ)」」と、株式会社スタディスト(本社:東京都千代田区、代表取締役:鈴木悟史)が提供する国内最大のマニュアル専用のウェブサービス「Teachme(ティーチミー) biz(ビズ)(以下、Teachme)」は本日より、製品の取扱説明書やウェブサービスのユーザーヘルプ等の制作を請け負う「取説クラウドソーシング」サービスを提供いたします。



「取説クラウドソーシング」は、「Job-Hub」に登録するワーカーが、簡単にマニュアル制作や更新ができるクラウドサービス「Teachme」を活用し、企業の商品やサービスの取扱説明書、ヘルプページなどのマニュアルを制作・提供するサービスです。

本サービスを活用することにより、画像をメインにしたユーザーに分かりやすい取扱説明書やユーザーヘルプの制作が容易にでき、制作期間の大幅短縮、印刷や人材などのコストを大幅に削減することができます。

従来、企業が製品やウェブサービス等の取扱説明書、ユーザーヘルプを制作するには、多額の費用、人的リソース、制作期間が必要です。取扱説明書などは、外部業者に多額の費用を支払って、制作を委託し、配布のための印刷コストもかかります。しかしながら、紙の取扱説明書の内容を検索しにくい、読みたいときに手元にないなど、消費者のニーズを満たしていないのが現状です。また、ウェブサービス等のユーザーヘルプを制作する場合は、本来サービスの開発に充てたいエンジニアのリソース、コスト、時間を投入せざるを得ない、ユーザーヘルプの制作はエンジニアの本業ではないため、制作が疎かになり、文字だらけのヘルプやわかりにくい内容になりがちでユーザーのためになっていない内容になってしまう等の課題があります。

制作を行う「Job-Hub」のワーカーは、「Teachme」を活用することで、取扱説明書、ユーザーヘルプのフォーマットやデザインを気にすることなく、製品やサービスの使い方の写真を登録、説明文を入力するだけで取扱説明書やユーザーヘルプのコンテンツを制作できます。そのため、ワード、パワーポイント、イラストレータ、ウェブページ制作ツールなどの複雑なソフトのスキルがなくても、製品の概要や使用方法を理解するだけで、制作対応が可能になります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング