最長24時間の停電対応可能 スマートハウス第二弾「スマ・エコ オリジナル II」発売

PR TIMES / 2013年3月21日 17時30分

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2013年4月1日、大容量家庭用リチウムイオン蓄電池、次世代型HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(※1))、太陽光発電システムを搭載したスマートハウス第二弾「スマ・エコ オリジナル II」を発売します。 



 当社は、2010年7月、生活の質を向上させながら、2020年までに環境負荷「0(ゼロ)」(CO2排出量をゼロ、光熱費をゼロ)となるエネルギー自給住宅に進化させるためのプロジェクト「Smart xevo Eco Project(スマート・ジーヴォ・エコ・プロジェクト)」をスタートさせました。
 その第一ステップとして、2010年7月より、国内初となる家庭用リチウムイオン蓄電池を搭載した住宅展示場「SMA×Eco HOUSE(スマ・エコハウス)」での実証実験を開始。第二ステップとして、2011年10月より、スマートハウスの第一弾となる、戸建住宅「xevo」に2.5kWhの家庭用リチウムイオン蓄電池、当社独自開発の「D-HEMS」、太陽光発電システムを組み合わせた「スマ・エコ オリジナル」を販売し、好評をいただいています。
 そしてこのたび、スマートハウス第二弾として、6.2kWhの家庭用リチウムイオン蓄電池と、業界初となる蓄電池とエアコンの自動制御が可能な次世代型HEMS「D-HEMS II(ディー・ヘムス ツー)」、太陽光発電システムを組み合わせた「スマ・エコ オリジナル II」を発売します。
 今後当社は、HEMSにより制御できる家電・設備機器などを広げ、エネルギーの最適利用を進めていきます。また、家庭内の家電・設備機器の情報を活用した周辺サービスの提案など、スマートハウスの可能性を広げていく予定です。
 ※1.ICT 技術の活用により、人に代わって住宅のエネルギー管理などを支援するシステムのこと。

   ●ポイント 
   1.最長24時間の停電に対応可能(※2)かつ年間光熱費も約29万円削減(※3)
   2.業界初 家庭用リチウムイオン蓄電池とエアコンを制御できる次世代型HEMS
   ※2.当社試算値:照明(60W)、テレビ(115W)、冷蔵庫(25W)を連続運転した場合。
   ※3.東京電力、東京ガスの料金体系による「xevo」(136.23m2 )での試算。
旧省エネルギー基準相当の住宅との比較(2013年4月時点)。
固定価格買取制度による太陽光発電の売電単価は
2013年4月1日以降の予定単価38円/kWhにて試算。 

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング