世界中で愛されるエレクトロニック・ラーニングトイ・ブランド『VTech(ヴイテック)』、日本向けにローカライズされてトイザらス限定で登場

PR TIMES / 2019年10月17日 19時35分

バイリンガル機能を搭載した商品など計5商品を10月18日(金)より

玩具とベビー用品の国内最大級の総合専門店である日本トイザらス株式会社(本社:神奈川県川崎市、以下、日本トイザらス)は、エレクトロニック・ラーニングトイ(電子知育玩具)の世界的リーディングブランド『VTech』が初めて日本向けにローカライズした知育玩具5商品を、2019年10月18日(金)より、全国のトイザらス、ベビーザらス店舗および「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」(www.babiesrus.co.jp) にて独占販売いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/4198/286/resize/d4198-286-477688-0.jpg ]


1976年に香港で誕生した『VTech』は、ベビーからプリスクールまでの電子知育玩具分野で世界No.1のブランド※1 です。教育の専門家チームによる、エンターテイメントと子どもの発達段階に配慮した内容を組み合わせた、楽しみながら学ぶことができる知育玩具(ラーニングトイ)を開発しています。『VTech』の玩具は現在90ヶ国以上に28の言語で提供されており、毎年世界で数多くの著名な賞を受賞しています。

このたび販売される商品は、仕掛けのあるパネルで成長に合わせて遊んで学べる「歩いて学ぼう!アクティブウォーカー」や、やわらかいボールに変身していろいろな手ざわりや色・形を学べる「ボールに変身!おしゃべりカメさん」、岩の形をしたボールを穴に入れると数を教えてくれる「出発!おしゃべりダンプカー」などの、英語と日本語のバイリンガル機能を搭載した3商品を含む計5商品で、初めて日本向けにローカライズされての販売となります。その豊かな世界を皆様ぜひお楽しみください。


※1: MarketWise Consumer Insights LLCによる Global Market Share Estimatesにおいて、次のカテゴリーの売り上げを総合したもの。
「Toy categories of Early Electronic Learning」「Toddler Figures/Playsets & Accessories」「Preschool Electronic Learning」「Electronic Entertainment (タブレットを除く)」「Walkers(2018年1月~2018年12月まで)」。2019年10月時点 VTech調べ

※商品ラインナップは、別添のプレスリリースをご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング