5大学・6企業で構成する産学協同の「Future Skills Project研究会」が、 大学1年次に正課で実施する、社会人力育成のための教育プログラムを完成

PR TIMES / 2012年11月14日 15時43分



5大学・6企業で構成する産学協同の「Future Skills Project研究会」が、
大学1年次に正課で実施する、社会人力育成のための教育プログラムを完成
~12月14日、「産学協同就業力育成シンポジウム2012」にて発表~

---------------------
 社会で活躍する人材を育成するための大学教育を考える、産学協同の「Future Skills Project研究会」(座長・安西祐一郎:日本学術振興会理事長、以下:FSP研究会)は、大学1年次に正課で実施することを念頭においた、社会人力育成のための教育プログラムを企画、完成させました。FSP研究会では、12月14日(金)、明治大学・駿河台キャンパスにて開催する「産学協同就業力育成シンポジウム」2012にて、同プログラムの発表を行います。
 「Future Skills Project研究会」は、2010年7月、社会で活躍する人材輩出のために産学協同で行うべきことは何かをテーマに、青山学院大学、上智大学、東京理科大学、明治大学、立教大学の5つの大学と、アステラス製薬株式会社、サントリーホールディングス株式会社、株式会社資生堂、日本オラクル株式会社、野村證券株式会社、株式会社ベネッセコーポレーションの6つの企業にて、結成されました。従来の個別企業と個別大学の協同とは異なり、複数企業・大学が参画するからこそ実現しうる包括的な議論の中で、企業が大学授業に直接的に関わる教育プログラムを企画、FSP研究会参加大学の正課授業の中で実践しつつ、プログラムの完成度を高めて来ました。
 当プログラムは、1年次の半期15コマの中で、二つの企業の提示する課題に取り組む、グループワーク形式の「課題解決型授業」になります。社会人力養成の講座を1年時に行う理由は、入学時の意欲の高いうちに主体性を引き出すことと、社会を知ることで学びへの目的意識を持ってもらうこと、大学在籍時に自分が付けるべきスキルを知ることにあります。また、二つの企業の事例を扱うことで、業界や企業による価値観やビジネスモデルの違いを体験でき、学生の視野を広げることができます。さらに、企業で実際に働く社員が、実際に企業で発生した課題を提示することで、社会で働くことの魅力、厳しさを感じることができます。
 昨年度12月に引き続き開催する、「産学協同就業力育成シンポジウム2012」では、FSP研究会の上記成果を広く社会に公開し、大学教育の具体的な変革の視点を提供いたします。企業関係者の皆様、大学関係者の皆様、また、高校教員や高校生の保護者の皆様など、日本の未来に関心のある多くの方々に、シンポジウムに参加いただきたいと考えております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング