新型バッテリーテスター「Blue Analyzer2」について※1~一般自動車に加え、日々進化するエコカーにいち早く対応~

PR TIMES / 2012年7月18日 11時29分



パナソニックグループのパナソニック ストレージバッテリー株式会社は、「アイドリングストップ車用バッテリー」や「ハイブリッド車補機用バッテリー」の診断が可能なバッテリーテスター「Blue Analyzer2(ブルーアナライザー2)」を、当社バッテリー販売店向けに2012年7月18日から斡旋※1を開始します。一般自動車に加えてエコカー用バッテリーにも対応することで、点検対象車種が大幅に拡大します。
※1 有償斡旋物となります。販売店専用品のため、一般の方への斡旋はしておりません。

▼エコカー用バッテリー新商品について
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn120628-2/jn120628-2.html

▼一般自動車用バッテリー新商品について
http://panasonic.co.jp/news/topics/2012/99845.html

▼パナソニックのバッテリー取扱店の検索はこちら
http://panasonic.jp/car/battery/search/index.html

パナソニックは、2008年に高精度カーバッテリーテスター「Blue Analyzer(ブルーアナライザー)」の発売を開始しました。
今回の「Blue Analyzer2」は、業界に先駆けて「エコカー用バッテリー診断機能※2」や「車両側診断機能※3」を追加するなど、多くの新機能を加えてパワーアップをはかりました。
さらに、バッテリー本体に取り付ける寿命判定ユニット「Life Wink(ライフ・ウィンク) ※4」に蓄積されたデータを読取る「高精度診断モード」を搭載しており、「Blue Analyzer2」と「Life Wink」を合わせて使用することで、バッテリーの状態をより詳しく診断することが可能です。
また、クランプ(クリップ)部分を簡単に交換(メーカー修理不要)できるようになる等、メンテナンス性も向上しています。
※2 ハイブリッド車用補機バッテリー・アイドリングストップ車用バッテリー
※3 スターター診断・充電システム診断
※4 LifeWinkは別売になります。

【「Blue Analyzer2」の特長】
1.「エコカー用バッテリー」診断対応
2.最新のソフトウェアに更新が可能な「アップデート機能」搭載
3.一般自動車用バッテリー診断に「充電制御車モード」を追加
4.「車両側診断(スターター診断・充電システム診断)機能」搭載
5.「LifeWink高精度診断」搭載
6.診断履歴(診断結果)をSDカードで記録
7.消耗部品「クランプ部」の簡単交換等のメンテナンス性の向上

【主な仕様】
品名:Blue Analyzer2
品番:NH-JJ1BA2
質量:約1.1kg(プリンタロール紙除く)
対応バッテリー:自動車用バッテリー(12V車)
使用電源:単3形乾電池 6個(バッテリーに接続していない場合)


<関連情報>
▼パナソニック カーバッテリーについて
http://panasonic.jp/car/battery/
▼第1世代の「Blue Analyzer」について
http://panasonic.jp/car/battery/lifewink/lw02.html
▼カーバッテリー寿命判定ユニット「Life Wink」について
http://panasonic.jp/car/battery/lifewink/lw01.html



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング