「ビヒダス ヨーグルト ビフィズス菌のちから」、「ビヒダス ドリンクヨーグルト ビフィズス菌のちから」4月2日(火)より全国にて新発売

PR TIMES / 2019年2月20日 12時40分

~生きて大腸まで届くビフィズス菌入り~ 発見50周年。森永乳業独自の機能性素材『ビフィズス菌BB536(ビービーゴーサンロク)』。

森永乳業は、『ビフィズス菌BB536』を配合した「ビヒダス ヨーグルト」から、「ビヒダス ヨーグルト ビフィズス菌のちから」、「ビヒダス ドリンクヨーグルト ビフィズス菌のちから」を4月2日(火)より全国にて新発売いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/21580/287/resize/d21580-287-711106-2.jpg ]



 人間の腸内には数百種類、百兆個以上もの細菌が棲んでいますが、その中でもビフィズス菌は健康に役立つ善玉菌の代表格で、お腹の環境を整える働きがあります。

 森永乳業は、1969年に健康な乳児から『ビフィズス菌BB536』を発見し、さまざまな商品に応用するなど、長年にわたってビフィズス菌、腸内フローラの研究に取り組んできました。2019年で発見50周年を迎える当社独自の『ビフィズス菌BB536』は、一般的なビフィズス菌に比べ酸や酸素に強く、生きて大腸に到達できる菌です。「ビヒダス ヨーグルト」は全ての商品にこの『ビフィズス菌BB536』を配合しています。

 新商品「ビヒダス ヨーグルト ビフィズス菌のちから」「ビヒダス ドリンクヨーグルト ビフィズス菌のちから」には、『ビフィズス菌BB536』に加えて、お腹でビフィズス菌の働きをサポートするミルクオリゴ糖も配合しています。毎日続けやすいよう、酸味を抑えたまろやかな風味に仕上げました。

 「ビヒダス ビフィズス菌のちから」シリーズには、食べるタイプと手軽に飲用できるドリンクタイプの2種類がありますので、生活スタイルに合った食シーンでお召し上がりいただき、腸内フローラケアにお役立てください。

<ビヒダス ヨーグルト ウェブサイト>       http://bifidus.jp/
<ビヒダス ヨーグルト 公式Facebookページ>   https://www.facebook.com/bifidus.jp

1.商品特長
<「ビヒダス ビフィズス菌のちから」シリーズ>
1.一般的なビフィズス菌に比べ酸や酸素に強く、生きて大腸まで届く森永乳業独自の『ビフィズス菌BB536』を配合。
2.ミルクオリゴ糖がお腹の中でビフィズス菌の働きをサポートします。
3.毎日続けやすいよう、酸味を抑えたまろやかな風味に仕上げました。
4.食べるタイプと手軽に飲用できるドリンクタイプの2種類です。

2.商品概要
<ビヒダス ヨーグルト ビフィズス菌のちから>
1. 商品名    :ビヒダス ヨーグルト ビフィズス菌のちから
2. 種類別    :発酵乳
3. 包装形態   :紙カップ、アルミふた
4. 内容量    :100g
5. カロリー   :91kcal
6. 保存方法   :要冷蔵10℃以下
7. 賞味期限   :19日間
8. 主要ターゲット:健康意識の高い男女
9. 主要売場   :量販店、CVS、一般販売店
10. 希望小売価格 :128円(税別)
11. 発売日・地区 :4月2日(火)・全国
12. JANコード :4902720 137164

<ビヒダス ドリンクヨーグルト ビフィズス菌のちから>
1. 商品名    :ビヒダス ドリンクヨーグルト ビフィズス菌のちから
2. 種類別    :発酵乳
3. 包装形態   :ペット容器
4. 内容量    :100g
5. カロリー   :65kcal
6. 保存方法   :要冷蔵10℃以下
7. 賞味期限   :19日間
8. 主要ターゲット:健康意識の高い男女
9. 主要売場   :量販店、CVS、一般販売店
10. 希望小売価格 :128円(税別)
11. 発売日・地区 :4月2日(火)・全国
12. JANコード :4983 5533

<参考>
■ビフィズス菌
ビフィズス菌は、乳酸や酢酸といった有機酸を生成し、お腹の環境を整えます。ヨーグルトを作る際に乳酸菌が必要であることは広く知られていますが、全てのヨーグルトに善玉菌の「ビフィズス菌」が含まれているわけではないことはあまり知られていません。ビフィズス菌は健康に役立つ善玉菌の代表格です。

■ビフィズス菌BB536
当社独自の『ビフィズス菌BB536』は、健康な乳児から発見されたヒトの腸管に棲息するビフィズス菌の種類です。一般的にビフィズス菌は、酸や酸素に弱いのですが『ビフィズス菌BB536』は、他のビフィズス菌に比べ酸や酸素に強く、生きて大腸に到達できる菌です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング