【プレスリリース】ユニセフ・ヨルダン事務所 調査結果 児童婚減る兆し見られず シリア難民の少女の児童婚急増中

PR TIMES / 2014年7月17日 16時13分



※本信は ユニセフ本部の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_74290.html でご覧いただけます


【2014年7月16日 アンマン(ヨルダン)発】
ユニセフ・ヨルダン事務所は、このたび、少女の結婚に関する調査を行い、全47ページの
報告書「ヨルダンでの早期婚調査2014年(A study on early marriage in Jordan 2014)」
を発表しました。その結果、ヨルダンでは少女10人につきひとり以上が18歳未満で結婚
しており、この割合はこの10年ほど比較的一定の割合となっているものの、同国に避難
しているシリア難民の少女の間では、18歳未満での結婚が急増していることがわかり
ました。

18歳前に結婚、またはそれに相当する状態にあることを児童婚(child marriage)と
いいます。本報告書では、15~17歳の結婚を児童婚または早期婚(early marriage)と
定義します。ヨルダンでは、15~17歳での結婚はイスラム法廷の特別承認が得られれば、
例外的に可能となっています。


ユニセフ・ヨルダン事務所代表のロバート・ジェンキンスは「18歳未満で結婚すると、
少女が妊娠に伴う合併症を患い、虐待の被害を受ける恐れが高まります。また、教育を
受けられなかったことから、経済的な機会を得ることがより限られる結果、貧困の連鎖
に陥りやすくなります」と述べました。

調査では、2013年にヨルダンで登録された全結婚のうち、18歳未満の少女との結婚は
13.2%の9,618人だったことがわかりました。

しかし、ヨルダンに避難しているシリア難民の間では、児童婚の割合が急増しています。
18歳未満の少女の結婚の割合は、2012年には5人にひとり(全804人中の18.4%の148人)
でしたが、2013年には4人にひとり(全2,936人中の25%の735人)、今年は1月~3月の
わずか3カ月間で、3人にひとり(全1,614人中の32%の512人)となっています。シリア
紛争以前、シリアでは児童婚は一般的ではありませんでしたが、避難生活や貧困、教育
機会の喪失といった要因が組み合わさり、児童婚の割合が急増しています。

報告書は、ヨルダンでの児童婚に共通する理由として、貧困またはたくさん娘がいる
大家族の負担の軽減、幼い少女への保護の提供、文化的または家庭での伝統の継続、
虐待的な家庭環境にある少女の避難手段を指摘しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング