六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014 来場者の投票で選出する「六甲ミーツ・アート大賞」 グランプリは三宅信太郎氏の「山頂の街」に決定!

PR TIMES / 2014年11月6日 15時44分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)と、そのグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)は、2014年11月24日(月・休)まで六甲山上の9会場において、現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014」を開催しています。



詳しくはこちら→ http://www.rokkosan.com/art2014/news/20141106_7393/

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」は、現代アートの作品を通じて六甲山の魅力を再発見していただくことを大きなテーマにした展覧会です。
六甲山上をピクニック気分で周遊し、自然や眺望、文化、歴史といった六甲山本来の魅力を五感で感じながら、アート作品をお楽しみ頂けます。今年は、総勢42組のアーティストが参加し、作品展示、パフォーマンス及びワークショップを展開します。

本展覧会では全展示作品(本年度は33作家による37作品)を対象に来場者の人気投票で選出する「六甲ミーツ・アート大賞」を設けており、投票を9月13日(土)から11月3日(月・祝)まで行いました。
その結果、以下の通り「六甲ミーツ・アート大賞」3賞が決定しましたのでお知らせいたします。


<六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014「六甲ミーツ・アート大賞」 受賞者>
グランプリ 三宅信太郎「山頂の街」 賞金50万円(提供:クーパービジョン・ジャパン株式会社)
準グランプリ 佐川好弘「胸の土器土器」 賞金20万円
第3位 西山美なコ「~melting dream~」 賞金10万円(提供:一般社団法人 兵庫県宅地建物取引業協会)

グランプリに輝いた三宅信太郎氏の「山頂の街」は、展覧会の会期中に、アーティストが滞在制作を行い、訪れるたびに新たな広がりや変化を楽しむことができる作品です。三宅氏の作り出す世界観に驚きや楽しさを感じた多くの来場者の支持を得ました。

■六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014「六甲ミーツ・アート大賞」受賞者について


《グランプリ》 アーティスト名:三宅信太郎 / 受賞作品名:山頂の街


ドローイングや段ボールなどを使用した彫刻、自身で作った着ぐるみや、テーマに沿ったコスチュームを身にまとったパフォーマンスなどで独自の世界を表現し、国内外で高い評価を得ています。
この度、「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014 六甲
ミーツ・アート大賞 グランプリ」を受賞した「山頂の街」は、六甲山を開拓したアーサー・ヘスケス・グルーム氏への敬意を表し、作者が会期中、自らをMr.Bluemoon(ミスター ブルームーン)として、ライブペインティングとライブビルディングで“開拓”を進めていく作品です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング