高級ファーストフードへチャレンジ【オービカ モッツァレラバー 東京ミッドタウン店】テイクアウト型に特化したメニューへリニューアル

PR TIMES / 2020年9月9日 18時45分

サブスクも導入し、水牛モッツァレラフードの日常使いを促進

2020年9月10日(木)、 株式会社ワンダーテーブル[本社:東京都新宿区西新宿/代表取締役社長 秋元 巳智雄]は、 オービカモッツァレラバー東京ミッドタウン店(以下、 ミッドタウン店)のメニューをテイクアウト型へリニューアルし、高級ファーストフードへチャレンジします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/7752/289/resize/d7752-289-121494-4.jpg ]


<メニューリニューアルの背景>
2013年、ミッドタウン店は、ランチからティータイム、ディナーまで、一日中様々なシーンで気軽に利用できるモッツァレッラバーとしてオープンしました。その後、コアなお客様である周辺就業者や居住者のニーズに応えるため、テイクアウトやデリバリーをスタートし、そのノウハウを構築してまいりました。現在、新型コロナウイルス感染症により、店内の営業は大きな影響を受けていますが、一方でテイクアウトの需要は安定しています。今後の未来を見据え、得意分野であるテイクアウト型に特化したメニューへリニューアルし、新たなチャレンジをしていくこととしました。目論みとしては、単なるイタリアンのテイクアウトではなく、高級ファーストフードのポジショニングに狙いを定め、いまご利用いただいているコアなお客様の層を広げていきます。日常使いを訴求するためサブスクも導入します。オービカの新たなチャレンジにぜひご注目ください。


<新メニューコンセプト>

[画像2: https://prtimes.jp/i/7752/289/resize/d7752-289-776060-9.jpg ]

ピアツェンツァ産の小麦を使用し、香りがよくクリスピーな食感の自家製フラットブレッド”スキャッチャータ”をメインに提供します。トッピングはイタリア産厳選食材の全6種類。フラットで食べるピッツァスタイルと手軽に食べれるパニーニスタイルのどちらかをお選びいただきます。おすすめのトッピングはウンブリア。ウンブリア産のトリュフに、特製マッシュルームペースト、フライドエッグに、水牛ミルク100%使用したモッツアレラチーズを乗せています。ソフトドリンクとワインは、一部を除きイタリア産オーガニックにこだわっています。ドルチェとしてご用意しているジェラートも、ヴェネツィア産の天然素材を使用しています。


<リニューアル記念>
スキャッチャータオーダーで、お好きなドリンク1杯プレゼント
対象期間:2020年9月14日(月)~9月22日(火)
※シャンパンからオーガニックジュースまで、ドリンク1杯であればどれでもお選びいただけます。
※Uberやmenuなどアプリでのご利用は対象外です。
※対象店舗はミッドタウン店です。


スキャッチャータ メニューの一例
ブッファラ 1200円(税別)
[画像3: https://prtimes.jp/i/7752/289/resize/d7752-289-759574-7.jpg ]


サンマリノ 1300円(税別)
[画像4: https://prtimes.jp/i/7752/289/resize/d7752-289-664767-8.jpg ]


クワトロフォルマッジ 1300円(税別)
[画像5: https://prtimes.jp/i/7752/289/resize/d7752-289-330679-6.jpg ]


ウンブリア 1800円(税別)
[画像6: https://prtimes.jp/i/7752/289/resize/d7752-289-122015-5.jpg ]



<サブスク>
ミッドタウン店では、日常的にお店をご利用いただけるように、3つのお得なサブスクリプションプランをご用意します。

定額会員コース
月額3,000円 コーヒー・紅茶・エスプレッソから1日1杯無料
月額4,000円 シャンパンを除く全ドリンクメニューから1日1杯無料
月額5,000円 全ドリンクメニューから1日1杯無料

チケット購入はこちらから  https://obica-midtown.favy.jp/


■店舗情報

[画像7: https://prtimes.jp/i/7752/289/resize/d7752-289-614732-2.jpg ]


店名 オービカモッツァレラバー 東京ミッドタウン店
URL  http://obica.jp/midtown/
住所 東京都港区赤坂9-7-2東京ミッドタウン イースト 1F
アクセス 地下鉄日比谷線 六本木駅 8番出口 徒歩1分 都営大江戸線 六本木駅 8番出口 徒歩1分
電話番号 03-5772-1472

営業時間 11:00 ~ 21:00(L.O.20:30)


■オービカのモッツァレラチーズ

[画像8: https://prtimes.jp/i/7752/289/resize/d7752-289-453258-0.jpg ]


オービカでは、本場カンパーニャから空輸したDOP認定のフレッシュモッツァレラチーズをお楽しみいただけます。モッツァレラチーズは使用する原料によって名称が分かれ、 水牛ミルクを使用したものをモッツァレラ・ディ・ブッファラ、牛乳で代用したものを、 モッツァレッラ・ディ・ヴァッカもしくはフィオル・ディ・ラッテと呼びます。一般的に、水牛ミルクを原料とするものの方が良質とされ、乳牛よりも水牛の方が飼育が難しく、乳の量も少ないため希少価値が高いと言われています。

また"モッツァレラ"とは、「引きちぎる」を意味するイタリア語「mozzare」に由来します。機械でカット・成形した商品が大量生産されるなか、職人が一つずつ手でちぎって(ハンドカット)成形するものは希少なモッツァレラチーズといえます。

オービカでは水牛ミルクを100%使用し、ハンドカット形成され、EU法が規定する100%の品質保証を約束する“DOP”認定を受けたモッツァレラチーズを提供しています。 鮮度の高いモッツァレラチーズを提供するため、出荷当日の深夜2時に製造し、出来立てを現地空港まで届け、48時間以内に日本のお店に届くサイクルで仕入れています。また、最高の状態で召し上がっていただけるよう提供温度にもこだわり、モッツァレラの風味が一番引き立つ18℃前後で提供しています。


■オービカ モッツァレラバーとは

[画像9: https://prtimes.jp/i/7752/289/resize/d7752-289-961436-1.jpg ]


イタリアから週3回空輸するカンパーニャ地方の水牛ミルクを100%使用したフレッシュモッツァレラチーズを気軽に楽しめる、日本初のモッツァレラバーです。

2004年、イタリアのローマにオープンし、現在はイタリア国内に10店舗、ロンドンに3店舗、アメリカに3店舗展開し、ワールドワイドなお客様から支持を得ています。 日本では2008年11月28日、 六本木ヒルズに1号店をオープンし、その後、六本木の東京ミッドタウン、横浜、大阪の梅田、高輪、そして2020年3月31日に西新宿店が加わり計6店舗を展開しています。

オービカではイートイン営業だけでなく、テイクアウトやデリバリーもご利用いただけます。また、2020年7月よりオンライン販売「OBICA HOME」を開設しました。なかなかお店で食事ができないお客様にも、ご家庭でオービカのお料理をお楽しみいただけます。

オフィシャルサイト  http://obica.jp/
OBICA HOME  https://obicamozzarellabar.myshopify.com


■株式会社ワンダーテーブル
株式会社ワンダーテーブルは、国内49店舗、海外77店舗の飲食店を展開しています。
しゃぶしゃぶ・すき焼き食べ放題「Mo-Mo-Paradise」やビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」などの自社ブランドを国内外で展開する一方、ニューヨークアメリカン「ユニオン スクエア トウキョウ」、シュラスコ料理専門店「バルバッコア」、モッツアレラチーズ専門店「オービカ モッツァレラバー」などの海外ブランドを誘致し経営しています。
※URL: http://www.wondertable.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング