のんびりと、路面電車で巡るひと味違う旅をしよう!『路面電車の走る街』が創刊&電子版も発売!

PR TIMES / 2013年9月2日 12時19分

この街は歴史が違う、文化が違う。それは路面電車が走っているから



8月29日(木)、株式会社講談社よりシリーズムック『路面電車の走る街』が創刊した。第1巻「江ノ電」と第2巻「嵐電」で同時発売! 以降、隔週木曜日発売。全国21路線をコンプリート予定。定価680円(税込)、全12巻予定。


地元住民の生活の足として、また観光客の街案内としても活躍しているのがチンチン電車の愛称で親しまれている路面電車。『路面電車の走る街』は、そんな"路面電車だからこそ味わえる”楽しくて細やかな新しい旅をご案内するシリーズです。

第1巻「江ノ電」では江ノ電に乗って楽しむ鎌倉・江の島の旅を、第2巻「嵐電」では嵐電に乗って京都の古刹名刹巡り&紅葉を楽しむ旅をナビゲートします。
このあとも第3巻で「函館市電・札幌市電」、第4巻で「広島電鉄・岡山電気軌道」をラインナップ。以降、長崎電気軌道、筑豊電気鉄道、都電荒川線、東急世田谷線、伊予鉄道、富山地方鉄道などなど、全国21路線をコンプリートしていきます。

また、この『路面電車の走る街』は講談社のパートワークとして初の電子化!
タブレット端末やスマートフォンで購入すれば、旅先でも便利に楽しむことが可能です。旅のお供には電子版『路面電車の走る街』を! 新しいパートワークの楽しみ方のご提案です。


■本誌の主な内容
・旅の楽しみを倍増させる「特選沿線ガイドBEST20」
 とっておきグルメ、名所、イベントなど特選情報を紹介!
・「撮り鉄」もうなる、撮影「お立ち台」スポット!
・愛すべきこの電車に乗ろう!
・車両カタログ
・「路面電車と私」(各界インタビュー)・
・ホッとひと休み 駅前温泉
・沿線駅たびガイド
など盛りだくさん!

さらに「豪華鉄道グッズ」が毎号当たる!
第1巻「江ノ電」では実物パンタグラフ!
第2巻「嵐電」では行き先表示板!
詳細は本誌でご確認ください。

■刊行ラインナップ予定
第1巻 江ノ電(江ノ島電鉄・藤沢市~鎌倉市)
第2巻 嵐電(京福電気鉄道・京都市)
第3巻 函館市電(函館市企業局・函館市)
    札幌市電(札幌市交通局・札幌市)
第4巻 広島電鉄(広島市~廿日市市など)
    岡山電気軌道(岡山市)
第5巻 長崎電気軌道(長崎市)
    筑豊電気鉄道(北九州市など)
第6巻 都電荒川線(東京都交通局・東京都)
第7巻 阪堺電気軌道(大阪市~堺市)
第8巻 伊予鉄道(松山市)
    土佐電気鉄道(高知市など)
第9巻 富山地方鉄道(富山市)
    富山ライトレール(富山市)
    万葉線(高岡市)
第10巻 熊本市電(熊本市交通局・熊本市)
     鹿児島市電(鹿児島市交通局・鹿児島市)
第11巻 東急世田谷線(東京急行電鉄・東京都)
     豊橋鉄道(豊橋市)
第12巻 京阪電気鉄道(京都府、滋賀県大津市など)
     福井鉄道(福井市など)


また、創刊キャンペーンとしてTwitterでは特製QUOカードが当たるキャンペーンを実施。facebookでも創刊キャンペーンを開始予定。

■関連サイト
公式サイト http://路面電車.jp/ (http://xn--rt3awqs0r0la.jp)
公式Twitter https://twitter.com/romenhashiru
公式facebookページ https://www.facebook.com/romenhashiru


<本誌情報>
■シリーズ名:路面電車の走る街
■創刊日:2013年8月29日(木)
 第1巻「江ノ電」、第2巻「嵐電」同時発売
■発売日:隔週木曜日発売
■定価:680円(税込)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング