快適な眠りと深い寛ぎ「プレミアムトリート」

PR TIMES / 2014年7月10日 9時40分

京都東急ホテル(京都市下京区、総支配人 奥村 浩二) では、ホテル客室7 階8 階フロアにコンセプトルーム新設の為の改装工事を2014 年6 月9 日から7 月23 日に実施、7 階8 階26 m2 タイプ4 室が7 月25 日に新しく「Premium Treat」として新登場。



「おもてなし」と「楽しみ」をイメージしたネーミングの「プレミアムトリート」。洋室でありながら、入口で靴を脱いでいただく和風の小上がりスタイル。あえて低めにつくられたシモンズ社製ベッドは客室全体に優美なライン空間を創りだし、更に世界遺産に登録されている西本願寺や東寺、京都タワーが眺望できます。客室内では、世界中の茶葉が使用でき、それぞれの茶葉に最適な温度・時間で抽出できるお茶専用機ネスレ「SpecialT」でグリーンティー、紅茶、ハーブーティーもお楽しみいただけます。また、Bluetooth 対応アラーム機能付オーディオを採用、お部屋でスマートフォンを用いて普段のBGM をお楽しみいただけます。担当のスタッフがチェックインからお部屋のご説明までご案内し、快適な眠りのアイテムの1つとして、お好みの枕をお伺いし、快適な眠りを提案。バスアメニティは1994年アメリカで登場した「アーカイブ」をご用意、シャンプー・コンディショナー及びソープにグリーンティーと柳の香りが使用されており、ソープは肌に潤いを与えるシアバターとホホバシードオイルを配合しております。数々の快適な客室アメニティとともに京都東急ホテルは「スモールラグジュアリー」「柔らかなモダンな和」「旅の疲れを癒す寛ぎ」をコンセプトに客室空間の新しい提案を行う予定です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング