スマートフォン5000万台時代のモバイルビジネス新戦略 『スマホ白書2013-2014』 印刷書籍だけでなく電子書籍版も発売!

PR TIMES / 2014年1月15日 15時14分



インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、新刊『スマホ白書2013-2014(副題:スマートフォン5000万台時代のモバイルビジネス新戦略)』(編者:一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム)を発刊いたしました。

『スマホ白書2013-2014』
編者:一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)
小売希望価格:電子書籍版 4,800円(税別)/印刷書籍版 5,800円(税別)
印刷書籍版仕様:B5判/1色/本文218ページ
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
ISBN978-4-8443-9607-9
発行:インプレスR&D
発売:インプレスコミュニケーションズ

≪発行主旨≫
本書は一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)の企画・編集によるモバイルコンテンツビジネスの年鑑です。フィーチャーフォン市場が縮小し、急速な勢いで世界に拡大するスマートフォン市場を豊富なデータにより解説するほか、20名の識者の寄稿により、今後取るべきモバイルコンテンツのビジネス戦略を展望します。
今回はインプレスR&Dの次世代書籍出版メソッドNextPublishingを活用し、印刷版だけでなく電子書籍版も発売。Kindleなどの電子端末でも手軽にお読みいただけるようになりました。

≪内容紹介≫
本書の第1部では、さまざまな調査会社の協力のもと、日本と世界のスマートフォンの普及動向を紹介しています。第2部以降では、iOSやAndroidなどのアプリや、ゲーム・音楽・電子書籍・動画といったデジタルコンテンツ、さらにモバイルコマースやモバイル広告など、フィーチャーフォン時代から様変わりしたビジネスについて詳しく解説しています。後半には新興モバイルOSを含む開発環境の動向や国内・海外の通信事業者の戦略分析、スマートフォンプライバシーをはじめとする社会動向まで掲載し、今後スマートフォンをターゲットとしたビジネスを展開するうえで知っておきたい重要なテーマを網羅しています。

≪目次≫
第1部 スマートフォン普及動向
第2部 アプリ・コンテンツビジネス動向
第3部 OS・プラットフォーム動向
第4部 通信事業者動向
第5部 社会動向
第6部 付録

≪編者紹介≫
一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)
モバイルコンテンツ環境活性化のため、モバイルコンテンツ配信事業に関連する企業が参加する業界団体。モバイルコンテンツ関連産業の健全な発展のため、消費者や関係団体等と円滑な関係を構築し社会との共存共栄を目指して、業界および会員の活動をサポートしていくことをミッションとして活動している。会員数はコンテンツプロバイダーを中心に184社(2013年9月現在)。http://www.mcf.or.jp/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング