【報道参考資料】パレスチナ・ガザ地区情勢 戦闘開始後、殺害された子どもは少なくとも121名 日本ユニセフ協会 70万ドル緊急拠出

PR TIMES / 2014年7月22日 14時22分

ユニセフ現地事務所 功刀(くぬぎ)代表インタビュー受付中



※本信は ユニセフ・パレスチナ事務所発信情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、
独自に編集したものです
※原文は 同事務所Facebookページ https://www.facebook.com/unicefstateofpalestine
でご覧いただけます

■公益財団法人 日本ユニセフ協会(東京都港区・赤松良子会長)は、ユニセフ・
パレスチナ事務所の要請を受け、緊急支援に備えて設けている臨時拠出積立金より、
本日、70万米ドル(7,109万2,000円)を拠出。水と衛生、心のケア、医薬品の提供などの
緊急支援活動に活用されます。日本ユニセフ協会は、パレスチナはじめ中央アフリカ、
南スーダンなど、人道危機に見舞われている国々でのユニセフの緊急支援活動を支援する
「人道支援募金」へのご協力を呼びかけています(詳細は文末)。


■現地最新情報:
【2014年7月21日 エルサレム発(ユニセフ・パレスチナ事務所のFacebookページより)】

・エルサレム時間 7月20日(日)11時~21日(月)11時(日本時間:7月20日(日)
17時~7月21日(月)17時)の24時間内にガザ地区で殺害された子どもは、少なくとも
28名で、1時間に1名以上が殺害

・過去48時間内にガザ市近郊のシェジャヤ(Shejaya)での激しい戦闘で、少なくとも
パレスチナの子ども20名が殺害

・戦闘開始後、イスラエル軍の空爆と攻撃で少なくともパレスチナの子ども121名
(男の子84名、女の子37名)が殺害との報道、年齢は生後5カ月から17歳までで、殺害
された子どもの3分の2は12歳以下の子ども

・報道によると、少なくともパレスチナの子ども904名がガザ地区で負傷、イスラエル
でもイスラエルの子どもたちが負傷との報道

・爆撃が開始してからの14日間で、水と衛生インフラには深刻な被害が出ており、病院や
保健施設への電力供給にも支障、ガザの住民の約70%(120万人)は、清潔な水を安全に
入手できず、電気は1日4時間しか使えず

・下水ポンプと水処理システムは、わずか50%しか稼働していないと思われる

・修理は行えず、上下水施設の修理を行う行政の技術者が業務中に空爆で殺害されており、
現場の状況から、インフラを稼働させることは極めて困難

・下水管への損傷で汚水が上水システムに流れ込んでいる恐れがあり、この影響で80万人が
水に起因する病気にかかる恐れがある

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング