ARM(R) Cortex(TM)-M0搭載の新しい32bitマイコンを発表

PR TIMES / 2012年3月1日 16時15分



STM32(R)のDNAを受け継ぎ、多機能・低価格を特徴とする新製品が、
生活家電・産業機器等の開発を簡略化
--------------------------------------------------------------------
エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的
半導体メーカーで、マイクロコントローラ(以下マイコン)の主要サプライヤで
あるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、より低価格なアプリ
ケーション向けに、超低消費電力の組込みプロセッサARM(R) Cortex(TM)-M0
ならびに各種機能を搭載した32bitマイコン STM32 F0シリーズを発表しました。
これにより、市場での評価が高く、300品種以上で構成されるSTM32マイコン・
ポートフォリオがさらに拡充されます。新しいマイコン・ファミリは、現在
8bit・16bitマイコンが使用されている各種電子機器に、最新のハイエンド機能
を低価格で提供します。

ARM Cortex-Mプロセッサ・シリーズは、性能・コスト・消費電力・利便性・
拡張性といった設計上の一般的なトレードオフを再定義することで、電子機器の
設計を革新してきました。STは、STM32を開発し、卓越したリアルタイム性能、
トップクラスの電力効率、多様な先進的ペリフェラル、およびツールの充実した
開発エコシステムなど、その特徴を明確化することにより、業界で最も広範かつ
成功しているCortex-Mプロセッサ・シリーズ搭載のマイコン・ファミリを確立し
ました。このマイコン・ファミリには、現時点で世界最高性能のCortex-M4搭載
製品も含まれています。新しいSTM32 F0シリーズは、実績のあるCortex-M0
(動作周波数:48MHz)を搭載し、競合製品にない付加価値の高い機能を追加する
ことによって、STM32の特徴をさらに強化します。

STのマイクロコントローラ事業部ジェネラル・マネージャであるMichel Buffaは、
次の様にコメントしています。「STM32 F0シリーズは、Cortex-Mプロセッサ・
シリーズを搭載した当社のマイコン・ポートフォリオのプラットフォームとして
の優位性を高めると共に、STM32の特徴を手ごろな価格で利用できるようにしま
す。また、開発者は、クラス最高の通信・制御ペリフェラルとCortex-M0コアを
組み合わせたSTM32 F0を使用し、高度な機能や能力を低価格で提供する新たな
ソリューションを実現できます。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング