【ホテルオークラ東京】完璧を追い求めたフランス料理界の巨人の本格評伝が誕生

PR TIMES / 2014年4月14日 19時11分

『ホテルオークラ総料理長 小野(おの)正吉(まさきち)-フランス料理の鬼と呼ばれた男』4月18日(金)柴田書店よりついに刊行!

この度、4月18日(金)柴田書店より『ホテルオークラ総料理長 小野正吉―フランス料理の鬼と呼ばれた男』がついに刊行されます。ホテルオークラ東京がこれまで「伝統」と表現してきた料理、味の源流がどのように創造されたのか、小野正吉の人生とともに紹介されます。



ホテルオークラ総料理長 小野正吉-フランス料理の鬼と呼ばれた男
序章  アメリカを知り、超えようとした伊達男たち
1、小野正吉と石津謙介
2、大倉喜七郎と野田岩次郎
第2章 小野の半生、ホテルオークラ入社まで
3、戦前の修業時代
4、「東京ニューグランド」とフランス語
5、小野と戦争
6、戦後の苦労と米軍病院
7、「アラスカ」「コックドール」から「日比谷アラスカ」へ
8、日本のフランス料理小史
第3章 ホテルオークラ総料理長への道
9、海外研修
10、欧米研修から帰国
11、調理場の戦い
12、レシピのスタンダ―ド
13、権力闘争
14、小野の仕事
15、テレビ出演
16、最終戦争
17、小野とフランス料理
18、小野と辻静雄
19、小野の晩年
第4章 一個人、小野正吉の素顔
20、小野の人柄
21、小野の家族

定価:1,728円(税込)、体裁:四六版約300ページ
出版社:柴田書店、協力:小野家
販売:ホテルオークラ東京ギフトサロン(別館地下1階)、全国主要書店、Amazon

小野正吉、フランス料理の鬼と呼ばれた所以

一片の妥協も許さない。意に染まねばスープから作り直す。片時もメモを手放さずにフランス語で料理構想ノートをまとめ、スタッフにも同様のノート提出を求める。そんな厳しい姿勢から「フランス料理の鬼」と呼ばれた小野正吉(1918~1997)。高度経済成長とともに急速に裾野が広がり、発展してきた日本のホテルやレストランの世界。その大きな流れの中で、日本における「西洋料理」を本格的な「フランス料理」へと高めたのが、総料理長 小野正吉でした。大正生まれの小野は、東京倶楽部、東京ニューグランドといった戦前の名店で修業し、見習いの時代からフランス語の料理書に親しみ、総料理長就任後もポール・ボキューズ、ジョエル・ロブションなどフランス人シェフたちを招聘・交流し、その精神とテクニックに触れてきました。パリ在住時に小野シェフと交流し、『東京フレンチ興亡史』『フレンチの達人』など数多くの著書を通じて日本におけるフランス料理の受容・発展を見つめてきた著者が、人間・小野正吉をクローズアップします。秘蔵写真や自筆レシピ、同僚たちの証言などの資料を駆使し、「執念の人」であった氏の実像に迫ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング