六甲山スノーパーク 12月6日(土)シーズンオープンします! ~オープニングイベント開催~

PR TIMES / 2014年11月19日 15時37分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が運営する六甲山スノーパーク(旧称:六甲山〈人工〉スキー場)は12月6日(土)にシーズンオープンします。



詳しくはこちら→ http://www.rokkosan.com/ski/event/7412/

昨年度は、開園50周年を迎え、雪ゾリ・雪あそび専用ゲレンデ「スノーランド」のエリア面積拡大やレンタルコーナーのリニューアルを通じて、どなたでも気軽に楽しめる「雪のテーマパーク」として再出発し、長野オリンピック開催年(1998年)以来、最も多い12万8000人のお客様にご来園いただきました。
リニューアル2年目となる今年は、さらに愛される六甲山スノーパークとなるべく、お子様のゲレンデデビューをサポートするスキー・スノーボード体験会やランニングバイクで雪上を走るスノーストライダー体験会等、メインターゲット層である未就学児を含むファミリー利用の拡大に注力するとともに、外国人向けスキースクールの試験運用を行うなどウィンタースポーツの裾野を広げるプログラムを強化します。
オープン初日には、当園のマスコットキャラクター「スノイル&ワルイル」と約100体の雪だるまがお客様をお出迎えして、「スノイル&ワルイルと初滑り!」を行います。また大人気イベントである宝さがしゲームでは、「カニスキセット」や「ブリしゃぶセット」、「牛しゃぶセット」など豪華な冬の味覚をお宝としてご用意します。さらに、先着100名様限定で「特製ぜんざい」を振る舞います。


■オープニングイベント スノイル&ワルイルと初滑り!
直径50cmの雪だるまを簡単に作ることができる「雪だるま製造器」を使って約100体の雪だるまを作り、入口からゲレンデ上部に向かって、「雪だるまロード」で、スキーヤーをお出迎えします。シーズン初滑りには、「スノイル」と「ワルイル」が登場し、ゲレンデを颯爽と滑走してオープニングを飾ります。
【日時】2014年12月6日(土)9:00~ ※ 雨天・荒天中止
【料金】無料(入園料別途要)
【場所】メインゲレンデ

【内容】スノイル&ワルイル滑走 → お子様滑走 → ゲレンデオープン
※一般スキーヤーは、お子様の滑走後に、お滑りいただけます


その他のオープニングイベント ※無料(入園料別途要)


◇冬の味覚があたる「宝さがしゲーム」
六甲山スノーパークのマスコットキャラクター「スノイル」と「ワルイル」と一緒に「雪の広場」に埋められたカプセルを探し出す、宝さがしゲームを実施。冬の味覚である「カニスキセット」や「ブリしゃぶセット」、「牛しゃぶセット」など豪華なお宝もご用意します。シーズン中にも、宝さがしゲームをお楽しみいただけます。
【対象】小学生まで
※ただし、ひとりで参加できるお子様に限ります
【時間】(1)11:00~11:30 (2)15:00~15:30
【場所】スノーランド特設会場
【定員】50名
※開始1時間前からスノーランド受付にて整理券を配布
【宝もの】カニスキセット、ブリしゃぶセット、牛しゃぶセット 他

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング