1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

日本最大級のリコマースサービスのブランディア、宅配買取のCO2削減する「SDGs強化月間2021」を開催

PR TIMES / 2021年9月13日 13時45分

―ご自宅の資源を再利用するだけでCO2削減と森林保全につながる寄付が可能に―

BEENOS株式会社(東証一部 3328)の連結子会社で、日本最大級のリコマースサービス「ブランディア」を運営する株式会社デファクトスタンダード(本社:東京都大田区、代表取締役社長:仙頭健一、以下「デファクトスタンダード」)は、2021年のSDGs週間(※1)に向けて、お客様が宅配買取で配送キットを使用せずに、ご自宅にある資材を使用して送っていただくことでCO2削減と森林保全への寄付に繋がる「SDGs強化月間2021」( https://brandear.jp/lp_csr06)を9月13日(月)~9月30日(木)まで実施いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/35599/292/resize/d35599-292-837e188d94e6d192c9b7-2.png ]


◆「SDGs強化月間2021」実施の背景
ブランディアでは、SDGsのターゲット目標「つくる責任、つかう責任」達成の取り組みとして、サービスから出る廃棄衣料を0にすることを目指す「廃棄0プロジェクト」に取り組んでいます。「廃棄0プロジェクト」では、廃棄衣料に素材としての価値を見出し活用することで、廃棄衣料の削減を図っています。( https://brandear.jp/sustainability)
さらに、ブランディアの主要な買取方法である「宅配買取」でも環境負荷を減らしたいと考え、「SDGs強化月間2021」の実施にいたりました。この取り組みではお客様のご自宅にある段ボールや紙袋等を資材として活用し、お品物をお送りいただくことで、Co2削減と森林保全への貢献を目指します。また、この取り組みをきっかけとし、お客様にご自宅の様々な資材を活用して買取商品をお送りいただけることを訴求し、持続的な宅配買取の環境負荷削減につなげてまいります。

◆「SDGs強化月間2021」の内容
ブランディアでは、宅配買取をお申込みいただく際に、ご希望されるお客様に段ボールと配送伝票をセットにした「宅配キット」をお送りしています。今回の取り組みではお客様のご自宅にある段ボールや紙袋等を資材として活用し、買取商品をお送りいただきます。
ご自宅の資材を活用いただだくことにより、段ボール資材の削減と、配送キットをお送りする往路分の運送で排出されるCO2が削減可能です。仮に1,000人のお客様がご自宅の資材を活用して買取希望商品をお送りいただくと、1.12トンのCO2削減、80本の杉の木と同程度の環境保全効果につながる試算です。(※2)
さらに、期間中ご自宅の梱包材を活用して宅配買取申し込みにご協力いただくと、1件につき10円をブランディアから「C.W.ニコル・アファンの森財団」に寄付いたします。
ブランディアでは、今後も持続可能な社会実現への貢献を目指し、お客様が参加しやすいサステナブルな取り組みを発信してまいります。



ご自宅の資材を利用することで削減されるCO2


[画像2: https://prtimes.jp/i/35599/292/resize/d35599-292-76d7bad9cb699236f44f-0.png ]





配送でご活用いただける資材


[画像3: https://prtimes.jp/i/35599/292/resize/d35599-292-4eaee0442b064cb3dfea-1.png ]



(※1) 国連でSDGsが採択された9月25日(Global Goals Day)を含む約1週間の期間。2021年は9月18日~
(※2)宅配キット中サイズで1個×1,000人での換算。
a、b=段ボール工場+外装用ライナ+中しん原紙)から段ボール1箱のCO2排出量換算
https://zendanren.or.jp/image/shiryo02.pdf
c. https://yamagata.recoo.jp/ja/y/kaisetsu/index.html


「SDGs強化月間2021」概要

URL: https://brandear.jp/lp_csr06
実施期間:2021年9月13日(月)~9月30日(木)
対象サービス:宅配買取内容:実施期間内に宅配キットの申し込みをせず、ご自宅の資材を使用してお品物をお送りいただくことで、CO2削減を目指します。また、ご自宅の資材を活用した宅配買取1件につき10円をブランディアから「C.Wニコルアファンの森財団」に寄付します。


【C.W.ニコル・アファンの森財団について】
afan(アファン)とは、ケルトの言葉で「風の通るところ(谷)」という意味。1986年から作家、環境保護活動家のC.W.ニコル氏が「日本本来の美しい自然環境を取り戻したい」という思いで、長野県黒姫の荒れ果てた放置林(現アファンの森)を自ら買い取り、森づくりを開始。2002年に「アファンの森財団」を設立し、英国ウェールズの「アファン森林公園」と姉妹森締結。長年の活動により、「アファンの森」は生態系がよみがえり、貴重な動植物が森に還ってきている。


◆株式会社デファクトスタンダードの特徴
ブランド品宅配買取サービス「Brandear(ブランディア https://brandear.jp/)」は、不要になったブランド品を「ダンボールに詰めて送るだけ」で査定・買取を行うサービスです。インターネットからお申し込みいただくと届く宅配キットにお品物を詰めて送るだけの手軽さ、買取対象が約7,000ブランドという幅広さ、査定結果に納得がいかない場合には、無償でお品物を返却する安心感から、これまでに述べ300万人以上の方にご利用いただき、リコマースにおけるオンラインマーケットを拡大してきました。
また、店頭で買取を行う専門店「ブランディア( https://brandear.jp/shop)」、オンライン買取「ブランディア Bell( https://brandear.jp/bell)」など買取の間口を広げ、オンライン、オフライン双方の利点を活かし、常にお客様の安心と利便性の向上を目指しています。さらに国内だけでなくグローバルリコマースにおけるマーケットを積極的に開拓し、国内外で求められるアイテムをお客様に直接、適正な価格で世界で販売することにより、買取価格の向上に努めています。ブランディアは、価値ある品物を次に繋いでいく「バリューサイクル」な社会の実現を目指します。


■株式会社デファクトスタンダードの概要
(1) 社名 : 株式会社デファクトスタンダード
(2) 代表者 : 代表取締役社長 仙頭健一
(3) 本店所在地 : 東京都大田区平和島3-3-8 山九平和島ロジスティクスセンター 5F
(4) 設立年月 : 2004年4月27日
(5) 資本金 : 100百万円※BEENOS株式会社(東証一部:3328)の連結子会社です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング