【プレスリリース】7月22日開催 ガール・サミット 女性性器切除と児童婚の取り組み加速を

PR TIMES / 2014年7月22日 18時15分

女性性器切除と児童婚の新たな統計発表



※本信は ユニセフ本部の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、編集したものです
※原文をご入用の際は広報室(後述)までお問い合わせください
※以下のサイトで映像・画像を無償でご提供しております(http://uni.cf/1mSwTvk
ご使用希望の場合は、広報室(後述)までお問い合わせください


【2014年7月22日 ロンドン/ニューヨーク発】

ユニセフは本日22日、英国政府と共同で、初となる国際サミット『ガール・サミット』
をロンドンで開催します。このサミットは、女性性器切除(FGM/C)と児童婚の撲滅に
向け一層の支援を結集させるものです。世界では、何百万人もの少女がこの2つの慣習
の影響を受けています。

ユニセフは、ガール・サミット開催に合わせ、女性性器切除(FGM/C)と児童婚に
関する最新の統計を発表(“Female Genital Mutilation/Cutting: What might the
future hold?”全6ページならびに“Ending Child Marriage Progress and prospects”
全8ページ)。この発表によると、この30年でこれらの慣習を受ける割合はわずかに
減少した一方で、これらの慣習が最も一般的な国々では、進展による削減規模は人口
増加で相殺されることから、取り組みをさらに拡大する必要があることを指摘して
います。


ユニセフ事務局長のアンソニー・レークは「女性性器切除(FGM/C)と児童婚は、深く
そして永久に女の子たちを傷つけ、自身のことを決める権利や自らが持っている力を
引き出す権利も否定します。これらの慣習は、女の子自身にとっても、また家族や
社会にとっても、不利益なものです。女の子はものではありません。女の子たちには、
自身の運命を決める権利があります。女の子が自分の意志で人生を歩むことができれば、
みんながその恩恵を受けるのです」と述べました。


新たに発表されたデータでは、以下のことが明らかになりました。


●女性性器切除(FGM/C)が最も行われているアフリカと
中東の29カ国では、1億3,000万人以上の女の子と女性が
何らかの女性性器切除(FGM/C)を受けています

女性性器切除(FGM/C)を受けた女の子は、心身への痛みを
受けるばかりでなく、出血が続くほか、感染や不妊、そして
死のリスクにさらされます

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング