11月23日が「生命保険に感謝する日」に登録されました

PR TIMES / 2013年11月19日 18時2分



    11月23日が「生命保険に感謝する日」に登録されました

11/23は生命保険のモデルを考案した「生命保険の父」ジェームズ・ドドソンの没日
皆さんもこの日をきっかけに、ご自身の生命保険について向き合ってみませんか
……………………………………………………………………………………………
  ライフネット生命保険株式会社 (URL:http://www.lifenet-seimei.co.jp/ 本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼COO:岩瀬大輔)は、一般社団法人 日本記念日協会(URL:http://www.kinenbi.gr.jp/ 代表理事:加瀬清志)の認定を受け、11月23日を「生命保険に感謝する日」として登録しました。

■11月23日は「生命保険の父」ジェームズ・ドドソンの没日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 11月23日は「勤労感謝の日」として親しまれていますが、今の生命保険のモデルを考案し「生命保険の父」と言われている英国人、ジェームズ・ドドソンの没日でもありました。

 ドドソンは、それまで不明確だった保険の加入基準に対し、今まで存在していなかった新しい仕組みを考え出しました。より公平な団体(生命保険会社)を作ろうと考え、1693年に、彗星研究でも知られるエドムンド・ハレーが作成した死亡表をもとに、払込期間を通して保険料が一定額になるよう平準化された保険料の仕組みを発案しました。

 その後の1762年に、ドドソンの考えをもとに数理的基礎に基づいて平準保険料を採用した近代的な生命保険会社、エクイタブル社(オールド・エクイタブル、相互会社)が誕生しましたが、残念なことに、ドドソンはそれより5年早い1757年11月23日に、生命保険に加入することなく亡くなりました。

 ライフネット生命は、「勤労感謝の日」をきっかけに、不測の事態に備える生命保険という相互扶助の制度を改めて考える機会を提供したいという思いから、ドドソンの没日とも言われている11月23日を「生命保険に感謝する日」として登録しました。

 皆さんもこの日をきっかけに、今ご契約中の生命保険がご自身のライフスタイルに合っているか、確認してみてはいかがでしょうか。


■生命保険のチェックポイント
━━━━━━━━━━━━━━
【Point】 どういう時に経済的に自分や家族が困るのか、今一度確認してみましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 例えば、就職したての20代の男性と、お子さんが生まれたばかりの30代の男性とでは「保障の優先度」が違います。どういった保険が必要かわからないという方は、まず「どういった場合にお金が無いと困るか」を考えてみましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング