【保険市場コラム】一聴一積 緊急特集企画「どうなる?日本の年金・医療制度」第5回『公的年金の将来』を掲載しました

PR TIMES / 2014年12月4日 18時14分



株式会社アドバンスクリエイト(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:濱田 佳治、以下アドバンスクリエイト)が運営する国内最大級の保険選びサイト「保険市場」( https://www.hokende.com/ )において、『保険市場コラム 一聴一積 緊急特集企画』と題し、社会保障制度の中でも特に関心の高い「年金」「医療」に詳しい著名人の方々によるコラム連載の第5弾を掲載いたしましたので、お知らせいたします。


第5回コラム執筆者の高山 憲之氏は、一橋大学名誉教授、(公財)年金シニアプラン総合研究機構研究主幹を務められています。公共経済学・経済政策、年金論を専門とする経済学者であり、数多くのメディアでもご活躍されています。
「保険市場」は情報メディアサイトとして、保険に限らず多様なジャンルのコラムを掲載することで、お客さまにとってより幅広く有益な情報提供ができるものと考えております。

連載名:どうなる?日本の年金・医療制度
第5回:公的年金の将来
執筆者:高山 憲之(たかやま のりゆき)
URL: https://www.hokende.com/story/iryounenkin/takayamanoriyuki/

掲載メディア:国内最大級の保険選びサイト「保険市場」
URL: https://www.hokende.com/

今後も、当社はWebマーケティングに主軸を置いた事業展開を進め、国内最大級の保険選びサイト「保険市場」において、ユーザビリティを向上させていくと共に、刻々と変わる消費者動向を機敏に先取りし、最先端のテクノロジーとWebマーケティングのノウハウを駆使し、あらゆる保険の情報メディアサイトとしての進化を追求してまいります。

<プロフィール>
高山 憲之(たかやま のりゆき)
一橋大学名誉教授、(公財)年金シニアプラン総合研究機構研究主幹

1946年長野県生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士。
年金研究のプロフェッショナル。世代間問題研究プロジェクト研究代表者。OECD、IMF、世界銀行などの年金コンサルタントや年金審議会委員等を歴任。報道ステーションやNHKスペシャル等、テレビ番組にも出演。著書には『年金改革の構想』(日本経済新聞社、1992年)、『年金の教室』(PHP新書、2000年)、『信頼と安心の年金改革』(東洋経済新報社、2004年)、『年金と子ども手当』(岩波書店、2010年)ほか多数。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング