「松尾敏男 珠玉のエッセイ朗読会」5月3日に開催 栃木・さくら市で展覧会好評開催中 29日にはピアノリサイタルも

PR TIMES / 2018年4月27日 19時1分

栃木県のさくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-では、「松尾敏男展~大観・南風・寛方の系譜を継ぐ~」が好評開催中ですが、このゴールデンウイーク中に関連イベントが企画されています。5月3日には、松尾敏男氏の書いたエッセイの朗読会を開催します。音楽プロデューサーの松尾由佳さんのピアノにのせて、俳優の田井中将希さんがエッセイを朗読します。また4月29日には、宇都宮市生まれのピアニスト、大町朋子さんがピアノリサイタルを行います。



[画像1: https://prtimes.jp/i/22608/296/resize/d22608-296-417596-0.jpg ]

「田井中将希 朗読 松尾敏男 珠玉のエッセイ」は、5月3日午後2時から(午後3時終了予定)、さくら市ミュージアムの展示会場内で行われます。観覧料のみで参加できます。
田井中さんは、映画「土竜の唄 香港狂騒曲」に出演。現在、カルチャー・コーディネイターとして、世界遺産登録に向けて、長崎県のPR活動にも従事しています。ピアノを弾く、松尾由佳さんは一般財団法人松尾財団の理事長で、ドイツを拠点に音楽活動をした実績があります。現在は音楽を通じたボランティア・国際交流活動に従事しています。
4月29日の「大町朋子 ピアノリサイタル」は さくら市ミュージアムが5月1日に開館25周年を迎えることを記念するイベントでもあります。午後2時開演。この日は、終日、入館料無料です。
ゴールデンウイークは、日本画家・松尾芸術の真髄に迫る展覧会とあわせ、各イベントでお楽しみください。


[画像2: https://prtimes.jp/i/22608/296/resize/d22608-296-136088-1.jpg ]


【松尾敏男展 ~大観・南風・寛方の系譜を継ぐ~】
会 場    さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-(栃木県さくら市氏家1297)
会 期    平成30年3月24日(土)~平成30年5月6日(日)
開館時間   午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日   毎週月曜日、第三火曜日、5 月 1 日(火)
※ゴールデンウィーク(4 月 28 日―5 月 6 日)は 5 月 1 日を除き開館
料 金   一般 600(500)円、高・大生 400(300)円、小中学生 200(100)円
※( )内は 20 名以上の団体料金
※さくら市民は半額、さくら市内小中学生は無料
※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者は半額
※割引の併用はできません
主 催  さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-  共 催 (株)下野新聞社  企画協力 産経新聞社
協 力 一般財団法人 松尾財団、公益財団法人 日本美術院、 さくら市ミュージアム友の会、寛方・タゴール会

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング