エイベックスが中国最大の移動通信会社China Mobile傘下の音楽配信プラットフォームMigu Musicに約30,000曲を提供 日本のメジャー・レーベルとして初のライセンス契約を締結

PR TIMES / 2019年8月23日 13時40分



エイベックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長CEO:松浦勝人)は、中国最大の移動通信会社China Mobile Communications Group Co.,Ltd(本社:中華人民共和国北京市、法定代表人:YANG Jie)のグループ会社で音楽エンタテインメント・サービスを展開するMigu Music Co. Ltd.(本社:中華人民共和国成都市、法定代表人:Liao Yu)と、日本のメジャー・レーベルとして初めて楽曲ライセンス契約を締結し、当社グループが保有する約30,000曲の楽曲および約3,000曲のミュージック・ビデオを提供することを発表しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/2323/297/resize/d2323-297-217618-0.jpg ]


同社は、中国国内において音楽配信プラットフォームMigu Musicを運営し、同プラットフォームを通じて5億人に良質な音楽を提供しているほか、親会社であるChina Mobileの携帯電話端末契約者9.35億人(2019年6月末時点)に対して、着信音や呼出音に音楽を設定できるサービスを提供しています。

当社グループは、拡大する中国の音楽配信市場に対して積極的に進出していく方針を掲げており、2016年には中国音楽プラットフォーム大手のNetEase Cloud Music(読み:ネットイース クラウド ミュージック)とのライセンス契約を結び、さらに2018年にはショートムービーアプリTikTok(読み:ティックトック)と中国を含む全アジアでの包括的なライセンス契約を締結しています。
今回のライセンス契約を通じて、Migu Musicでの音楽配信のみならず、China Mobileの携帯電話端末契約者への音楽コンテンツ提供、オフラインイベントへのアーティストの出演、5G時代を見据えたコンテンツ開発などの様々な領域における協業の実現を通じて、中国国内における当社グループのコンテンツおよびアーティストの価値の最大化を目指します。

【ご参考】中国の音楽配信市場について
中国の音楽配信市場は、プラットフォームが整備され、有料会員数が増加したことにより年々拡大しており、2018年が約950億円、2021年には2,500億円規模に達することが予測されています。(出典:2019.4 iResearch Inc. )


◆ライセンス開始時期および地域について
開始時期: 2019年8月末予定
地域  : 中華人民共和国(香港・マカオ・台湾を除く)


◆Migu Music Co. Ltd.について
音楽配信プラットフォームであるMigu Musicを運営するほか、親会社であるChina Mobileの携帯電話端末契約者に対して、着信音や呼出音に音楽を設定できるサービスを提供しています。また、数々のヒットアーティストが出演する事で有名な音楽アワード&ライヴイベントMigu Music Awardsをはじめとしたオフライン展開も行っており、これまでに手掛けてきたライヴやイベント数は累計で2,500に達しています。他にも、5G通信時代を見据えた展開も積極的に行っており、昨年12月に開催したMigu Music Awardsにおいて初めて5G4K通信の生配信を実施し、視聴した1.8億人のユーザーに対してハイクオリティな映像・音質を提供しました。


※Migu Music Co. Ltd.への提供対象となる楽曲:エイベックス・エンタテインメント株式会社の原盤保有楽曲
※契約締結会社:Avex Hong Kong Limited

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング