世界の仲間とロンドンオリンピックのマラソンコースを走ろう!『RUN@LONDON』5カ国語で登場

PR TIMES / 2012年7月23日 19時40分



オリンピックTOPスポンサー(*)のパナソニック株式会社は、スペシャルサイト「RUN@LONDON」を5カ国語でリリースしました。「RUN@LONDON」とはロンドンオリンピックのマラソンコースを実際に走ったかのような体験をすることができるWEBコンテンツです。日本語・英語・スペイン語・ポルトガル語・ドイツ語でプレイすることができます。

▼RUN@LONDON
http://london2012.panasonic.jp/global/

▼紹介ムービー
http://youtu.be/eqhahKjhleI

<詳細>
自分の代わりとなって走るランナーを作成しスタートすると、ロンドンオリンピックのマラソンコースのスタート地点であるザ・マルから、トラファルガー広場、セントポール大聖堂、ギルドホール、タワーブリッジ、ビッグベンなどの名所を経由しながら、見どころ満載の周回コースを走ります。「この場所いいね!」と思う場所ではNiceViewボタンを押すことで、画面下部に表示されているグラフに反映されます。このグラフはRUN@LONDONを走ったすべての人のNiceViewを集計しているので、棒グラフが伸びているところは、より多くの人がいいね!と思っている場所です。いいね!と思うポイントを見つけたらすぐNiceViewを押してグラフを高くして、世界中のみんなとぜひ共感を!

各名所に到達すると、VR撮影という手法で撮影された写真で名所風景を観ることができる「360°VIEW」をお楽しみいただけます。360°VIEWでは、実際にその場に行ってぐるぐると周囲上下全方向を見渡しているかのような臨場感の中で、お気に入りのアングルでロンドンの名所写真を撮影できます。撮影した写真はSNSで友だちにシェアすることもできるので、どんどん友達にあなたのオススメの風景を共有してみては?

▼RUN@LONDONについて
日本語:http://london2012.panasonic.jp/jpn/about.html
英語:http://london2012.panasonic.jp/english/about.html

RUN@LONDONは世界中の多くの人にご体験いただけるように、日本語・英語・スペイン語・ポルトガル語・ドイツ語でプレイすることができます。世界中の友達にRUN@LONDONをオススメして、お楽しみください。
またFacebookやTwitterのアカウントにログインして走行することで、あなたやSNSの友だちのプロフィールアイコンが表示されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング