パーソルテクノロジースタッフ、人材不足が顕著な静岡県に初進出 浜松オフィス新設

PR TIMES / 2019年9月12日 13時40分

地域密着のスピーディな対応で、ものづくりエンジニア派遣を約1.5倍に拡大目指す ~ものづくり都市・静岡県浜松市周辺エリアの派遣エンジニアニーズは前年比1.7倍~

総合人材サービスのパーソルグループでIT・ものづくりエンジニアの人材派遣を手掛けるパーソルテクノロジースタッフ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:礒田 英嗣、以下パーソルテクノロジースタッフ)は、2019年10月1日に、静岡県西部や愛知県東三河地区をメインエリアとする浜松オフィスを新設いたします。

■背景:ものづくりが盛んな静岡県では、人口の減少に伴って企業の人材不足感が過去10年間で最高に※3

静岡県は全国有数のものづくりが盛んな地域で、厚生労働省の調査によると、1万2000人もの方が派遣労働者として静岡県内でものづくりに携わっており、47都道府県の中で4番目に多い人数です。※1

しかしながら、静岡県の人口はここ数年減少の一途をたどり、総務省の調べでは2018年の人口減少数は日本で4番目に多くなっています。※2 また、人口減少に伴い静岡県内の企業では人手不足感も増しており、2006年以降、正社員、非正社員ともに人材不足を感じている企業は増え続けています。※3

当社においても2018年度は約500件にのぼる求人の問い合わせを、浜松市を中心とした静岡県西部エリアの企業からいただいており、2017年度と比較すると約1.7倍と増加傾向。今後ますます静岡県内におけるエンジニアの派遣ニーズは高まっていくと考えられます。

※1 厚生労働省「都道府県別集計結果 労働者派遣事業」(平成30年6月1日 現在)
※2 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成31年1月1日 現在)
※3 株式会社帝国データバンク「人手不足に対する静岡県内企業の動向調査」

■概要:浜松オフィスを新設し、静岡県西部、愛知県東三河地区のものづくり企業支援を強化

パーソルテクノロジースタッフは静岡県内のものづくり企業に対して、愛知県・名古屋を拠点にご支援を行ってまいりましたが、物理的な距離の遠さによってスピーディなご提案やご支援が難しい場面がありました。

そこで、より地域特性を理解しスピーディなご支援を実現するため、静岡県内でもバイク・軽自動車・音響機器の大手メーカーが特に多く集まり、日本初の軽自動車やオートバイが発明された地としてものづくりが盛んな浜松市に新たにオフィスを開業いたします。

交通費支給などのエンジニア支援を通して、エンジニア、企業との関係構築を進め、現在静岡エリアで就業中のエンジニア数を2019年度内に1.5倍へ拡大することを目指してまいります。また、浜松からのアクセスが良い愛知県・東三河地区におきましても、浜松オフィスにて支援を強化いたします。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/16451/table/298_1.jpg ]



【浜松オフィスへの求人ご依頼、お仕事探しの問い合わせ】
電話番号 : 0120-450-551

パーソルテクノロジースタッフでは、エンジニアと企業の成長創造に向けて今後も多様なはたらき方実現に向けた取り組みを推進してまいります。

■パーソルテクノロジースタッフ株式会社について< https://persol-tech-s.co.jp/

パーソルテクノロジースタッフ株式会社は、パーソルグループの「派遣・BPOセグメント」のうち、IT・ものづくりエンジニアの人材派遣サービスを提供しています。テンプスタッフ・テクノロジーとインテリジェンス派遣部門の経営統合により、2017年1月よりパーソルテクノロジースタッフ株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について< https://www.persol-group.co.jp/

パーソルは「はたらいて、笑おう。」をブランドスローガン に、2016年7月に誕生した新たなブランドです。パーソルグループは、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。

また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング