『課税による略奪が日本経済を殺した』~「20年デフレ」の真犯人がついにわかった!~

PR TIMES / 2013年2月25日 13時39分

 ビル・トッテン 新刊上梓

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役会長:ビル・トッテ
ン、取締役社長:大塚辰男、略記:アシスト)は特定のハードウェア・メー
カーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、パッケージ・ソフトウェアの販売
会社で、ビル・トッテンによって1972年に創立されました。

 ビル・トッテンはアシスト経営のかたわら日米問題や経済、環境などをテー
マに執筆活動や講演を行っています。このたび、株式会社ヒカルランドより、
『課税による略奪が日本経済を殺した~「20年デフレ」の真犯人がついにわか
った!~』と題する本を上梓、2月26日より全国主要書店にて販売を開始しま
す。



 アメリカ人として日本でコンピュータ・ソフトウェア販売会社を興し、貿易
摩擦等におけるアメリカの日本バッシングへの反論を行ってきたトッテンは、
2006年に日本に帰化し、以来日本人としての視点から日本のありかたを分析し
てきました。本著では、失われた20年と呼ばれる現況を分析し、その結果を
『課税による略奪が日本経済を殺した』として、不況の原因を論駁します。政
府の公式データをもとにGDPの減少が消費税の増税とリンクしていること、3%
の消費税を5%に引き上げた橋本増税がどのような影響を日本経済に与えたか、
またこの消費税というシステムそのものが所得の格差をどのように広げるか等
を分析し、望まれる税制度を提案します。

■『課税による略奪が日本経済を殺した』
  ~「20年デフレ」の真犯人がついにわかった!~

 著者:ビル・トッテン
 出版社:株式会社ヒカルランド   
 定価:1,300円(税別) 四六判 ハードカバー
 販売形態:全国主要書店での販売
 日本図書コード:ISBN978-4-86471-098-5 C0033

 第1章 日本経済を殺したのはバブルではない
 第2章 「課税による略奪」が日本経済を殺した
 第3章 20年デフレの解決策その1./税制改革
 第4章 20年デフレの解決策その2./通貨発行権を民衆の手に!
 第5章 新しい日本へ/これ以上の略奪は許さない!
 終章  アナーキズムのすすめ/相互扶助を中心に政府支配のない
     コミュニティ社会へ

■ビル・トッテン プロフィール

1941年 米カリフォルニア州生まれ。1963年 カリフォルニア州立大学卒業。19
69年、米国の大手ソフトウェア会社の一社員として市場調査のために初来日。
日本こそパッケージ・ソフトウェア販売の有望な市場であると確信、幹部に進
言したものの受け入れられず、退社して自ら資本金100万円、社員7名で日本初
のパッケージ・ソフトウェア販売専門会社「アシスト」を設立。2012年、代表
取締役会長に就任。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング