【報道参考資料】パレスチナ・ガザ地区情勢 学校への攻撃を強く非難 子ども226人を含む死者は1,000人以上

PR TIMES / 2014年7月28日 13時30分

ユニセフ現地事務所 功刀(くぬぎ)代表インタビュー受付中



※本信は ユニセフ中東・北アフリカ地域事務所とユニセフ・パレスチナ事務所が発信
した情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_74578.html
パレスチナ事務所Facebookページ https://www.facebook.com/unicefstateofpalestine
でご覧いただけます


【2014年7月25日 アンマン発】

7月24日午後、ガザ北部・ベイトハヌーン(Beit Hanoun)のUNRWA(国連パレスチナ
難民救済事業機関)運営の学校への攻撃に対する、ユニセフ中東・北アフリカ地域事務所
代表 マリア・カリヴィスによる声明です。

「7月24日にベイトハヌーンのCo-EdA/D学校が攻撃されました。学校への攻撃は、今週
3回目です。戦闘に何ら責任のない子どもたちを守るために、なすべきことがたくさん
あるのは明らかです」

「戦闘から逃れるため、学校には子どもたちが避難してきています。こうした状況に
ある学校施設を軍事目的のために利用すること、または攻撃することは、どのような
状況であれ、決して許されません」

「ユニセフは戦闘に関わるあらゆる勢力に対し、子どもと学校の尊厳を守ることを
求めます」

「この18日間でガザでは、少なくとも192人の子どもが殺害されました。刻一刻と犠牲者
は増え、破壊が続いています。ユニセフは、即時停戦を求める国連事務総長の呼びかけ
を繰り返し訴えます」


■現地最新情報:
【2014年7月27日 エルサレム発 (ユニセフ・パレスチナ事務所のFacebookページより)】

・戦闘は20日目を迎え、ガザ地区での一般市民の犠牲者ならびに子どもの死者は増え
続けている

・報道によると、これまでにパレスチナ人1,000人以上が殺害、そのうち少なくとも226人が
子どもで、最も幼い子どもは生後3カ月

・3週間内にガザで負傷した子どもは1,500人以上

・イスラエルでは、ロケット弾攻撃で子ども4人が負傷したとの報道

・ガザの子どもたちが、戦闘に巻き込まれ、このような大きな代償を払っていることは
決して許されません

・子どもたちには、戦闘に何ら責任はなく、パレスチナまたイスラエルの子どもたちは、
暴力から保護される必要があります


* * *

ユニセフ・パレスチナ事務所の功刀 純 子(くぬぎ じゅんこ)特別代表(在エルサレム)
へのインタビュー(使用言語:英語)を受け付けております。ご希望の場合は、同事務所
広報官のCatherine Weibel (後述)までお問い合わせください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング