1996年から続くインターネット年鑑の最新刊 『インターネット白書2013-2014』 電子書籍と印刷書籍で発行

PR TIMES / 2014年1月31日 11時15分



インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、新刊『インターネット白書2013-2014(副題:すべてがつながる未来へ)』(編者:インターネット白書編集委員会)を発刊いたしました。

『インターネット白書2013-2014』

編者:インターネット白書編集委員会
小売希望価格:電子書籍版 1,800円(税別)/印刷書籍版 2,800円(税別)
印刷書籍版仕様:B5判/モノクロ/本文266ページ
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
※カラー端末をお持ちの方はカラーで閲覧できます。
ISBN:978-4-8443-9612-3
発行:インプレスR&D
発売:インプレスコミュニケーションズ

≪発行主旨≫
『インターネット白書』はインターネット黎明期の1996年に初めて発行し、今年で18回目を迎えます。ビジネス・社会・技術など多様な観点からインターネットの現状を報告する業界定番の年鑑です。最新刊は一般財団法人インターネット協会(IAjapan)、一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)の協力のもと、リニューアルを図りました。電子書籍とオンデマンド印刷を使ったインプレスR&Dの次世代出版メソッドNextPublishingによる発行形式を採用し、これまでの半額以下の低価格で電子版と印刷版の両方を提供いたします。

≪内容紹介≫
今年の副題は「すべてがつながる未来へ」。これからのインターネットを占う新潮流を35人の識者が解説するとともに、様々な機関が発表している約100点の統計資料を再編して掲載し、今のインターネットの現状がわかるようにしています。
技術面ではモノのインターネットが発展するIoT(Internet of Things)/M2Mやウェアラブルコンピューティング、SDNやNFVといった新しいネットワークアーキテクチャー、2014年に最終勧告が予定されているコンテンツ開発の基盤技術HTML5などについて解説しています。
通信事業者の動向ではグローバルメガキャリアのLTE戦略やモバイルトラフィックの現状など。また、ビジネス面では、ゲーム・音楽・電子書籍などのデジタルコンテンツビジネスがどのように業界を変えているかという考察や、Eコマース、ネット広告の最新トピックのほか、クラウドソーシング、クラウドファンディングといった新たなインターネット活用ビジネスについても詳しく解説しています。
さらに社会動向では、政府の新情報通信技術戦略や、ネット選挙解禁の意味、自治体などのオープンデータの取り組み、オンライン教育、パーソナルデータ検討の動きのほか、世界規模で新たな議論を起こしているインターネットガバナンスなどについても詳しく解説しており、インターネットにかかわるすべての人が知っておきたい重要なテーマを網羅しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング