グローバルジェスチャー認識市場「予測2020ー2030年」技術別(タッチベース、タッチレス)、ジェスチャータイプ別、接続性別、業種別、および地域別:トレンド予測と成長機会

PR TIMES / 2020年9月4日 8時45分

Kenneth Researchは、2020ー2030年までの予測期間の詳細な分析と業界の洞察で構成されるグローバルジェスチャー認識市場に関するレポートを2020年9月03日に発刊しました。市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されています。グローバルジェスチャー認識市場は2020ー2030年の予測期間中に大幅なCAGRを登録すると予測されます。グローバルジェスチャー認識市場は技術別(タッチベース、タッチレス)、ジェスチャータイプ別、接続性別、業種別、および地域別によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-gesture-recognition-market/10326695




[画像: https://prtimes.jp/i/59861/301/resize/d59861-301-631911-1.jpg ]


ジェスチャー認識とは、数学的アルゴリズムを使用して、ヒトの動きや信号をコマンドに変換することです。システムで必要なアクションを実行するための入力メカニズムとして、物理デバイスがなくても、誰でもマシンと相互に関係することができます。このテクノロジーは、手、指、腕、頭、または全身の動きなど、人間のジェスチャーや動きを解釈します。これにより、ユーザーはジェスチャーだけでデバイスを操作および制御できます。ユーザーは、画面に指を置くだけでカーソルを移動できます。これにより、タッチスクリーン、キーボード、マウスなどの入力デバイスが冗長になります。ジェスチャー認識技術は、いくつかのデバイスの使いやすさを向上させ、さまざまな業界でいくつかの革新的なアプリケーションの進歩をもたらしました。Daiichi Sankyo、日本発祥の製薬会社です。

ジェスチャーとは、人間がそれを言わずに他の人に情報を伝える目に見える身体の動作です。日常生活では、コミュニケーションの目的で頻繁に使用されるいくつかの手のジェスチャーを目にすることができます。手のジェスチャー認識は、人間と機械の相互作用(HMI)と人間とコンピューターの相互作用(HCI)を提供する最先端の研究分野の一つです。その用途は、医療リハビリテーションから家庭用電化製品の制御にまで及びます。

さまざまな種類の検知技術を使用して、さまざまな手のジェスチャーが識別されます。センシング技術は、パターン認識のための複数の信号を取得するために使用されます。開発されたさまざまな種類のプロトタイプは、使いやすく、理解しやすく、キーボードやマウスなどの従来のインターフェースデバイスよりも費用対効果が高くなっています。手のジェスチャーは、環境との相互作用や情報の伝達に関して非常に表現力があります。同様に、タッチレスセンシングは、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)に革新的なテクノロジーを提供します。タッチレステクノロジーは、センサーの近くの動きや存在を検出し、センサーに物理的に触れることなく、生体認証画像のスキャンを可能にします。

「グローバルジェスチャー認識市場における業界のリーダー」
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のグローバルジェスチャー認識市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。グローバルジェスチャー認識市場における業界のリーダーはApple, Inc.、Cognitec Systems GmbH、Crossmatch Technologies Inc.、Elliptic Labs、Eyesight Technologies Ltd.、GestureTek、Google LLC、Infineon Technologies AG、Intel Corporation、Irisguard, Inc.、Microchip Technology Incorporated、Microsoft Corporation、Omnivision Technologies, Inc.、Pmd Technologies AG、Point Grab、Qualcomm Technologies, Inc.、Soft Kinetic、Sony Corporation、Synaptics, Inc.、Xyz Interactive Technologies, Inc.などです。

Eurostatによると、ICT製造とICTサービスを含む、ヨーロッパのICTセクターの合計額は、2017年に4,750億ユーロを超えると推定されています。このセクターでは、ICTサービスがICT製造業が保有するシェアの10倍になると予測されているため、ICTサービスが大きなシェアを占めています。ICTサービスは、コンピュータープログラミング、コンサルティング、および関連する活動で構成され、2017年には、約49.1%のシェアを占め、電気通信活動は、このセグメントで約30.3%のシェアを占めました。これらの要因は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与えると推定されています。

2017年の収益では、アジア太平洋地域が市場を独占しました。この地域は世界人口の最大の割合を占めています。さらに、中国とインドは世界で最も急成長している経済の一つです。可処分所得の増加と産業のデジタル化の増加により、この地域の市場の成長が加速しています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10326695


地理に基づいて、市場は以下の地域に分割されています。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。


Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング