国際エミー賞最優秀賞ほか数々の賞を受賞 関西初のローカル・ドキュメンタリー番組「映像」シリーズ オンデマンド配信開始!!

PR TIMES / 2013年3月1日 16時47分

第1弾は「映像’12 千年震災に備える~地震学者の"温故知新"~」

TBSテレビの動画配信サービス「TBSオンデマンド」では、本日2013年3月1日より、毎日放送の制作によるドキュメンタリー番組「映像」シリーズの配信を開始します。本番組は1980年4月に「映像80」としてスタートした関西初のローカル・ドキュメンタリー番組で、放送開始から30年が過ぎた現在も、「映像’13」として月一回のペースで放送されています。この間、番組は国内外のコンクールで高い評価を受け、芸術祭賞を始め、日本民間放送連盟賞や日本ジャーナリスト会議賞、テレビ界のアカデミー賞といわれる国際エミー賞のドキュメンタリー部門最優秀賞を受賞するなど、数々の輝かしい成果を上げてきました。
本シリーズ初の配信となるのは「映像’12 千年震災に備える~地震学者の”温故知新”~」(2012年12月24日放送)です。是非、TBSオンデマンドでご覧ください。



配信番組概要

映像’12 千年震災に備える~地震学者の"温故知新"~
【出演】
都司嘉宣、今村文彦

【内容】
千年震災に備える~地震学者の"温故知新"~

東京大学地震研究所を2012年3月に定年退職した、地震学者・都司嘉宣。彼は古文書を読み解くことで、有史以来の地震・津波を研究している。
2011年3月の東日本大震災は、およそ千年前に起きた貞観地震と似た規模だったことがわかっている。地震・津波が一定の周期で繰り返し起きることを、もっと警告できていたら、被害が少なくて済んだと都司は残念がる。近い将来起きるとされる南海トラフ巨大地震への備えも、過去に起きた地震を正しく知ることが第一と話す。
番組では、都司が津波対策アドバイザーをつとめる高知県四万十市での取り組みや、過去の南海地震・津波で大阪の町が受けた被害を独自の視点解明する様子を伝える。


《TBSオンデマンドとは》
「TBSオンデマンド」とは、TBSの動画配信サービスです。ドラマ、アニメ、音楽、映画を中心に約900タイトル、4500以上のエピソードを、インターネット接続のテレビやパソコン、モバイル端末などを使って好きなときに楽しむことができます。
TBSオンデマンドは自社配信の「TBSオンデマンド モバイル」「TBSオンデマンド Android」「もっとTV」、ならびに各提携事業者を通じてご利用いただけます。

■《TBSオンデマンドホームページURL》 http://tod.tbs.co.jp/
●TBSによる自社配信(テレビ)
サービス名:もっとTV
民放キー局5社とNHKが電通と共同で推進するビデオ・オンデマンド・サービスです。
対応テレビで、TBSオンデマンドの番組を購入・視聴することができます。
《もっとTV URL》http://www.mottotv.jp/
●TBSによる自社配信(スマートフォン)
サービス名:TBSオンデマンド Android/iOS
対象機種:Android OSもしくは iOS搭載のスマートフォン
アクセス方法:標準ブラウザからサイトURL http://tod-m.tbs.co.jp/smp/ 
●TBSによる自社配信(モバイル)
サービス名:TBSオンデマンド モバイル
対象キャリア:docomo
アクセス方法:【i-mode】メニューリスト⇒TV/雑誌/ラジオ⇒TV局動画⇒TBSオンデマンド

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング