企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.14」を発売しました

PR TIMES / 2019年2月18日 15時40分

Sky株式会社は、企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.14」(スカイシー クライアント ビュー バージョン14)を開発、2019年2月18日より販売を開始いたしました。



[画像: https://prtimes.jp/i/1552/303/resize/d1552-303-623400-1.jpg ]

「SKYSEA Client View」は、「使いやすさ」をコンセプトに、資産管理・ログ管理・セキュリティ管理といった『情報漏洩対策』や『IT運用管理』を支援する機能を搭載しています。サイバー攻撃に対する多層防御や、長時間労働対策を支援する機能なども搭載しているほか、各メーカー様の製品と連携することで、各種対策をさらに強化いただける連携ソリューションも提供しています。

「SKYSEA Client View Ver.14」では、Windows 10などの更新プログラムを円滑に配布し、脆弱性対策を迅速に行っていただくために、「ソフトウェア配布」機能を改善。配布時における通信負荷を軽減できるようにしました。また、データ持ち出し時の情報漏洩リスクへの対策として、外付けデバイスを自動で暗号化したり、Webアップロードするファイルを強制的に暗号化する機能も搭載しました。今後のバージョンでは、更新プログラムの取得とPCへの適用を一元管理できる機能もご提供する予定です。

※詳細は下記Webサイトにてご確認ください。
<SKYSEA Client View Webサイト>
https://www.skyseaclientview.net/

■「SKYSEA Client View Ver.14」新機能
1. 更新プログラム配布時の通信負荷を軽減、適用作業がさらにスムーズに
管理機から各部署のクライアントPCにソフトウェアを一斉配布できる「ソフトウェア配布」機能において、PCの台数が多い組織でも更新プログラムなどをさらに円滑に配布できるよう改善。配布時のネットワークの帯域幅や、同時に配布できる台数を制限できるようになり、通信負荷を軽減させることができます。

2. 更新プログラムの取得からPCへの適用までを一元管理※1
Windows 10の更新プログラムの取得から、指定したPCへの適用までを、SKYSEA Client Viewで一元管理できる機能を搭載予定。PCを常に最適な状態に保ち、安全にご利用いただけるように、スムーズな更新作業をサポートします。

3. 外付けデバイスを自動で暗号化、データの持ち出しをより安全に※1※2
外付けハードディスクやUSBメモリなどの外付けデバイスを、クライアントPCに接続した際に自動で暗号化 / 復号できる機能を搭載。暗号化されたデバイスは組織外のPCでは復号できなくなるため、データ持ち出し時の情報漏洩対策の強化にお役立ていただけます。

4. 暗号化していないファイルのWebアップロードを禁止※1※2
ファイルを保存すると自動で暗号化が行われる「自動暗号化フォルダ」を作成し、フォルダ内の暗号化ファイル以外は、Web上へのアップロードを禁止することができます。Webメールなどに添付するファイルの暗号化を強制することで、安全なデータ共有を支援します。

<その他新機能・機能改善>
・「残業時間お知らせメッセージ」で、定時退社日など残業申請不可の日を指定可能に
・「残業時間レポート」で、始業前と定時後の時間外労働時間を分けて集計し、詳細に表示することが可能に
・Microsoft Officeのプロダクトキーを資産情報として自動収集、ライセンスの適正利用を支援

※1 本機能は、すべてのお客様にご利用いただける準備が整い次第、提供します。
※2 本機能はオプションとして提供します。

■「SKYSEA Client View」の主な機能


資産管理
ハードウェア・ソフトウェアの詳細な情報を自動的に収集。日々変動するIT資産を適切に管理いたします。
ログ管理
クライアントPC上でのユーザーの操作や、外部との通信、ファイルへのアクセス状況など、日々のPCの挙動をログとして記録。膨大なデータから必要な情報を抽出することで「いつ」「誰が」「何をしたのか」などを正確に把握し、情報漏洩リスクの早期発見を支援します。
セキュリティ管理
組織のセキュリティポリシーに反する操作に対してアラートで通知したり、操作そのものを禁止することができます。アラートは管理機へも通知されるため、速やかな状況の把握にもお役立ていただけます。クライアントPCへの更新プログラム適用を支援する機能も搭載しています。
デバイス管理
社内にある多くのUSBデバイスやメディアなどの外部記憶媒体を徹底管理。利用権限の設定や棚卸までをサポートいたします。
ITセキュリティ対策強化※3
日々巧妙化が進むサイバー攻撃への対策として、UTMやウイルス対策ソフトウェアなどのセキュリティ製品と連携し、多層防御を強化。不審な通信やマルウェア侵入の早期把握、感染PCのネットワーク遮断など、リスクの最小化を支援します。
※3 本機能は、一部エディション(500 Clients Pack / Light Edition / Standard Edition)ではオプションとして提供します。
レポート
レポート機能を使って、IT機器の運用状況を詳細に把握。レポートを分析することで、コスト削減やセキュリティポリシーの改善などにお役立ていただけます。
メンテナンス
リモート操作※4で離れたクライアントPCのメンテナンスが行えます。同時接続や一斉操作も可能で、複数のクライアントPCを管理する際に作業効率が向上いたします。
※4 「リモート操作」機能は、一部エディション(Light Edition)ではオプションとして提供します。
ソフトウェア資産管理(SAM)
「ソフトウェア資産管理(SAM)」に必要な管理台帳を用意し、ソフトウェア資産の適切な管理を支援します。
サーバー監査※5
Windowsサーバーのイベントログ(監査ログを含む)を活用して、重要なデータが集約されることの多いサーバーへのアクセス状況の把握や、操作状況の確認が行えます。
※5 本機能はオプションとして提供します。
モバイル機器管理(MDM)※6
iPhone / iPad / iPod touchの資産情報を管理するために、一般的なモバイルデバイスマネジメント(MDM)の一部である資産管理機能をご用意しました。
※6 本機能はオプションとして提供します。


■販売体制
「SKYSEA Client View Ver.14」は、官公庁、自治体、民間企業、団体などを主な対象として、全国の販売代理店を通じてソフトウェアの販売を行います。

■動作環境
※詳細は下記Webサイトにてご確認ください。
https://www.skyseaclientview.net/

■お問い合わせ
※下記Webサイトのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
<SKYSEA Client View Webサイト>
https://www.skyseaclientview.net/


SKYSEA および SKYSEA Client View は、Sky株式会社の登録商標です。
Microsoft および Windows は、Microsoft Corporationの登録商標または商標です。
iPhone、iPad および iPod touch は、Apple Inc.の登録商標または商標です。
その他記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
本文中に記載されている事項の一部または全部を改変することは、いかなる理由、形態を問わず禁じます。


掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング