【プレスリリース】8月1日~7日は「世界母乳育児週間」 生涯にわたって恩恵のある母乳 

PR TIMES / 2014年8月1日 13時8分

生後1時間以内に与えれば生存率が飛躍的に上昇



※本信はユニセフ本部が発信した情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に
編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_74638.html でご覧いただけます


【2014年8月1日 ニューヨーク発】

8月1日~7日の「世界母乳育児週間(World Breastfeeding Week)にあたり、ユニセフ
事務局長のアンソニー・レークによる発信です。


母乳を与えることで、すべての子どもたちが人生を最良の方法でスタートできます。
母乳育児は、子どもたちの健康を支え、家族の絆を強くし、そして安定的な成長を助ける、
最も簡単かつスマートで、費用対効果が高いものです。

8月1日から7日までの世界母乳週間では、子どもたちの人生における母乳の重要な役割と、
母乳育児の価値を世界、国、地域のレベルで促進する重要性を強く訴えます。今年の
世界母乳育児週間のテーマは「母乳育児:命の勝利のゴール」。母乳育児と国連
ミレニアム開発目標(MDG)の達成における重要な関係性を強調します。

特にMDG4に掲げられる乳幼児死亡率の削減を達成する上で、母乳育児とMDGの関係性は
明確です。1990年以降、予防できる原因で死亡する5歳未満の子どもは47%も削減
されましたが、今なお、700万人近い5歳未満の子どもが毎年死亡しており、その40%
以上を新生児が占めています。


生後1時間以内に母乳を与えられると、幼くして死亡する子どもの命5人にひとりを
守ることができます。1年間で50万人以上、1日で数えれば、1,500人以上の命を救える
のです。母乳育児は、子どもの発育を支えるだけではありません。子どもたちの
その後の人生全体にもよい影響を与えます。適切な栄養の基礎となり、乳幼児期に
おける栄養不良のリスクを削減し、のちの人生で肥満になるリスクも軽減します。
母乳育児は、子どもの栄養を助け、母子の関係を強化し、さらに脳の適切な発育も
促します。また、発育阻害(慢性栄養不良)も予防します。発育阻害に陥る子どもは
世界で数百万人、世界的な悲劇と言えます。発育阻害は、子どもの身体ならびに認知
の発達だけでなく、子どもたちの暮らす地域社会の未来もむしばむものです。

母乳育児に関わるこうした事実を踏まえると、世界の新生児の半数以下しか母乳育児
が行われていないことは信じがたく、残念なことです。生後6カ月間を完全母乳育児
で育てられる子どもの割合は、さらに少なくなります。こうした傾向を変えるには、
社会的慣習を変える必要があり、地域社会や家庭と共に、より多くの母親たちに
母乳育児を進める取り組みを行う必要があります。そして、母乳育児を促進する
ために、栄養や妊産婦、新生児と子どもの保健、幼児期の成長、成長のための広報活動
といった分野を越えて、分野を組み合わせたアプローチを生み出し、効率的に支援する
必要があります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング