『マネーフォワード クラウド請求書』、『マネーフォワード クラウド for SFA』を提供開始

PR TIMES / 2019年3月19日 17時40分

Salesforce Sales CloudとAPI連携し、請求業務の効率化とキャッシュフローの改善を実現

 株式会社マネーフォワードは、当社が提供するクラウド型請求書管理ソフト『マネーフォワード クラウド請求書』とセールスフォース・ドットコムが提供するクラウド型営業支援プラットフォーム『Salesforce Sales Cloud(以下『Sales Cloud』)』とAPI連携を行い、本日より『マネーフォワード クラウド for SFA』を提供開始いたします。これにより、『Sales Cloud』上で見積書・請求書の作成がワンクリックで可能になるほか、入金状況をリアルタイムで確認できるようになります。



[画像: https://prtimes.jp/i/8962/307/resize/d8962-307-971926-0.jpg ]


■請求業務における課題
 営業担当が利用するSFA(※)と経理担当が利用する請求書ツールが連携されていない場合、請求業務において3つの課題が発生します。
※SFAとは、予実管理機能、案件管理機能が備わった営業支援システムのことです

(1)SFA上のデータの請求書ツールへの手入力作業
SFAで管理している取引先や受注データを、表計算ソフトをはじめとした請求書作成ソフトに都度入力する必要があるため、業務負荷やミスが発生する可能性があります。

(2)コミュニケーションコストの発生
営業担当と経理担当が別々のツールを利用している場合、営業担当がいつ受注したか、経理担当がいつ請求書を作成したか等が把握できないため、担当者間で状況確認をするためのコミュニケーションコストがかかるという課題があります。

(3)キャッシュフローの悪化
営業担当は、入金状況をリアルタイムに把握することができないため、取引先の未入金の督促が遅延し、キャッシュフローの悪化につながるケースがあります。

こうした課題を解決するため、『マネーフォワード クラウド for SFA』を提供開始いたします。

■『マネーフォワード クラウド for SFA』について
 『マネーフォワード クラウド for SFA』は、『Sales Cloud』の顧客管理、商談管理、受注・回収管理データを、スムーズに『マネーフォワード クラウド請求書』と連携可能にするアプリケーションです。
特長:
(1)『Sales Cloud』と『マネーフォワード クラウド請求書』の自動連携
(2)『Sales Cloud』のデータを元に、見積書・請求書をワンクリックで作成可能
(3)『Sales Cloud』上で取引先の入金状況をリアルタイムで把握可能
URL: https://biz.moneyforward.com/invoice/integrate_with_salesforce

■『マネーフォワード クラウド for SFA』で実現できること
 『マネーフォワード クラウド for SFA』を導入することにより、顧客管理や商談管理が請求書業務とシームレスに連携し、手作業によるデータ連携の業務負荷を大幅に削減します。また、『Sales Cloud』上で、『マネーフォワード クラウド請求書』の未入金などの入金ステータスをリアルタイムに把握することで、営業担当者と経理のコミュニケーションコストの削減と売掛金の早期回収を実現し、キャッシュフロー改善に貢献します。
なお、当社はこれまで、クラウド型顧客管理・案件管理サービス『Zoho CRM』、営業支援サービス『Senses』、ビジネスアプリ作成プラットフォーム『kintone』といったSFA/CRMのサービス連携を推進しており、今後も請求業務のさらなる効率化を進めてまいります。

■クラウド型請求書管理ソフト『マネーフォワード クラウド請求書』について
 「請求書作成から送付まで、面倒な作業をシンプルに。」をコンセプトに、見積書・納品書・請求書の作成から送付、受取までの一元管理ができるサービスです。最大の特徴は、請求書の作成・送付(メール・郵送)・入金等のステータス管理を楽に行うことができる点です。さらに当社のクラウド型会計ソフト『マネーフォワード クラウド会計・確定申告』と併用することで、請求金額の入金管理を行うことも可能です。
URL: https://invoice.moneyforward.com/

■セールスフォース・ドットコムのコメント
執行役員 アライアンス本部AppExchangeアライアンス部長 北原祐司様
 Salesforce AppExchangeのアプリとしてSalesforce Sales Cloudと連携する『マネーフォワードクラウド for SFA』が提供開始されることを歓迎します。「すべての人の、『お金のプラットフォーム』になる。」というビジョンを掲げるマネーフォワード社が開発した本アプリによって、営業担当者が受注した商談の売掛金の回収をより確実にすることをサポートし、多くの中小企業のキャッシュフローの改善及び業務効率化を促進するものと期待します。

■株式会社マネーフォワードについて
名称 :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立 :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL : https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
ビジネス向けクラウドサービス『マネーフォワード クラウドシリーズ』 https://biz.moneyforward.com/

<サービス名称変更について>
2018年11月27日より、当社サービスの名称を以下に変更いたしました。
(1)お金の見える化サービス
変更前:『マネーフォワード』
変更後:『マネーフォワード ME』
(2)ビジネス向けクラウドサービス
変更前:『MFクラウドシリーズ』
変更後:『マネーフォワード クラウドシリーズ』

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング