低価格アプリケーションを対象とするSTM32 F0マイコンの量産を開始

PR TIMES / 2012年5月16日 9時45分



STM32ファミリの技術的要素の継承と、大量生産時の入手性の組み合せにより、
先進的ARM(R) Cortex(TM)-M0搭載マイコンを使用した設計を促進
--------------------------------------------------------------------
エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的
半導体メーカーで、マイクロコントローラ(以下マイコン)の主要サプライヤ
であるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、8bit・16bitアプ
リケーションにハイエンド機能を提供する32bitマイコンSTM32 F0シリーズ
(2012年3月発表)の量産を開始しました。

現在、ユーザは、専用開発キットであるSTM32F0 Discovery Kitを含め、
STM32の広範な開発エコシステムを利用できます。STでは、新しいARM(R)
Cortex(TM)-M0搭載マイコンをベースとし、コスト最適化を重視したコンスーマ・
産業用機器を開発する上で必要なものを全て取り揃えています。

STのマイクロコントローラ事業部ジェネラル・マネージャであるMichel Buffaは、
次の様にコメントしています。「STM32 F0シリーズの量産が予定通りに
開始されたことにより、STのお客様は、価格競争力に優れ、性能・価値が強化
された低電力機器を他社に先行して開発することができます。」

ユーザはSTM32F0 Discovery Kitを購入することで、STM32 F0を利用した新しい
開発プロジェクトを始めることができます。この開発キットには、PCのUSB
ポートに直接プラグ・イン可能なプッシュボタンとインジケータLEDを実装した
試作用マイコン・ボードが含まれており、デモ・コードおよびサンプル・ファー
ムウェアも用意されています。また、主要開発キット・ベンダ各社(Atollic社、
IAR社、Keil(TM)社、TASKING社)のSTM32ソフトウェア開発環境との互換性も
あります。

STM32 F0シリーズは、先端の32bit組込みプロセッサ・アーキテクチャARM
Cortex-M0を搭載しているため、ユーザは、独自コアを利用した8bit・16bit
マイコンによる従来の価格・性能の限界を打破することができます。
また、STM32ファミリ(Cortex-M0、Cortex-M3、Cortex-M4搭載マイコン)内の
300品種以上の製品とソフトウェア / ペリフェラル / 開発ツール / ピン配置に互換性
があるため、柔軟性および拡張性が強化される他、新製品の開発コストの低減ならびに
製品開発期間の短縮に貢献します。さらに、STM32 F0シリーズは、その他の
Cortex-M0搭載マイコンにはない高付加価値機能を搭載しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング