4度の転職と副業を駆使して、年収240万円から5000万円にアップした方法とは?次世代サラリーマンのキャリア論!

PR TIMES / 2019年8月1日 12時40分

年収240万円の地方ホームセンター勤務から、4度の転職と副業を駆使して年収5000万円を稼ぐようになった「次世代型サラリーマン」の初の著書が8月9日に発売!

★アマゾン予約開始当日に「総合1位」を獲得!
★インタビュー記事がTwitterでトレンド入り!
★Twitterをはじめ各種SNSで圧倒的支持!

◎年収の大幅UPを実現する「軸ずらし転職」のやり方
◎転職に大切な「次の次の会社」を見据えるための思考法
◎採用を引き寄せる「転職エージェント活用/職務履歴書/面接」の実践テク
◎本業での経験を還流させて「副業⇔本業の好循環」を生む方法
◎副業収入を最大化させるTwitterブランディングの秘訣
◎転職と副業のかけ算で「1万分の1の人材」になる道すじ
など、年収240万円から始まった社会人人生のなかで頭と体に汗をかきながら培ってきた、
moto氏数多くの知見が本書に凝縮されています。




[画像1: https://prtimes.jp/i/26633/308/resize/d26633-308-323203-0.jpg ]

■今、ネットで最も注目されるサラリーマンのキャリア論
著者のmoto氏は、長野県出身の32歳。新卒で地方ホームセンターに入社し、レジ打ちからキャリアをスタート。現在は広告ベンチャーで営業部長をする傍ら、Twitter、ブログ、note、voicyなどを通じて独自のキャリア論を発信しています。4度の転職によって、会社員として年収240万→年収1000万を実現したノウハウ、副業年収4000万円を稼ぐメソッド、さらに「本業」で成果を出すための仕事論などが多くの支持を集め、Twitterのフォロワーは約1年で5万人を突破。インタビュー記事がTwitterで日本のトレンドに入るなど、今、最も注目されているサラリーマンの一人です。

■図解を交えて「転職×副業」のキャリア構築術を解説!

☆転職先の業界を変えることによって年収240万円から年収1000万円に!

[画像2: https://prtimes.jp/i/26633/308/resize/d26633-308-811924-1.jpg ]

moto氏のキャリアを例にした「軸ずらし転職」のイメージ実は年収というのは、「職種×業界」で大枠が決まっている。転職で年収を上げるには「業界」か「職種」のどちらかの軸を「年収の高い業界」または「年収の高い職種」にずらすのが近道。moto氏は4回の転職で3回業界の軸を変えたことで、年収240万円から年収1000万円まで大きく伸ばしてきた。

☆自分自身を「株式会社」と捉えるマインドが大切

[画像3: https://prtimes.jp/i/26633/308/resize/d26633-308-411625-2.jpg ]

「自分株式会社」という発想moto氏が提唱する「自分株式会社」という考え方。
自分自身を会社に見立てて、たとえば「株式会社moto」という会社なら、売り上げは在籍している会社からの報酬と副業収入。そこに家賃やご飯代、通信費という経費がかかり、手元に残った金額が利益になる。
こういった思考から「会社から切られたときのために収入源は複数必要だ」「ムダな経費をなくそう」という行動が生まれる。

☆サラリーマン向けの副業は大きく分けて4種類

[画像4: https://prtimes.jp/i/26633/308/resize/d26633-308-290704-3.jpg ]

サラリーマン向けの副業は大きく4種類サラリーマンの副業は「労働集約型」にしてはいけないのが大前提。
そのうえで時間が限られたサラリーマンができる副業には、大きく4つのパターンがある。1つ目が「コンテンツ配信」、2つ目が「転売」、3つ目が「イベント」、4つ目が「投資」。
どれも、すぐに始めることができるが、そのなかでもオススメなのがコンテンツ配信である。

■「転職と副業のかけ算」は令和サラリーマンの一つのモデルロール
終身雇用が当たり前でなくなった昨今、サラリーマンにとっての「安定」はかつてないほど揺らいでいます。そのなかでどうキャリアを築いていけばいいのか――。

「まず『会社にキャリアを用意してもらう』とか『給与はもらうもの』という従来の考え方は捨てましょう。これからのサラリーマンには『キャリアを自分で取りにいく』『個人で稼ぐ力を持つ』といった考え方が必要です。それが“本当の安定”に繋がります。転職と副業は、そのための誰にでも使える術(すべ)です」(本書より抜粋)

moto氏の言葉は、「キャリアに悩む全ての人たち」に向けられたものです。決してエリートではなく、年収240万円から始まった社会人人生のなかで頭と体に汗をかきながら培ってきた、数多くの知見が本書に凝縮されています。本業、副業、転職、すべてをリンクさせて「かけ算」にすることで、生涯年収を最大化するという「これからの生き方」を、ぜひあなたのキャリアに役立ててください。

【著者プロフィール】
moto
1987年長野県生まれ。地元の短大を卒業後、地方のホームセンターに入社。リクルートや楽天など、4度の転職を経て、本業年収1000万円、副業年収4000万円を稼ぐサラリーマン。
現在は都内の広告ベンチャーで営業部長を務める傍ら、ブログ「転職アンテナ」などを運営。2019年には日本最大級のASP「バリューコマース」から年間MVPとして表彰。各種SNSを通じて、転職や副業、キャリアや営業戦略に関する知見を発信し、Twitterのフォロワーは1年で5万人を突破。連日のように転職や副業を考える多くのサラリーマンの悩みに答えると同時に、「東洋経済オンライン」や「新R25」など、数多くのメディアにも取り上げられている。

■新刊概要
『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方』
著者:moto
発売:2019年8月9日
定価 :1512円(本体1400円+税)
判型&体裁:四六判
発売元:株式会社 扶桑社
ISBN:978-4-594-08272-7
☆電子書籍版は7月31日より好評発売中

■購入リンク
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4594082726/
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15985693/

■外部リンク
motoさんツイッターアカウント
https://twitter.com/moto_recruit

■本書の内容、著者への取材などについては
下記連絡先へお気軽にお問い合わせください!
株式会社扶桑社 宣伝部 PR担当
TEL 03-6368-8863

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング