1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

11月8日は「いい刃の日」!グローバル刃物メーカーの貝印が目指す「あじわいのある日々」をテーマに「美しきKAI Design展2」を開催

PR TIMES / 2021年11月3日 12時45分

「#あんなこといいなできたらいい刃」SNSキャンペーンもスタート

 グローバル刃物メーカーの貝印株式会社(本社:東都千代田区、代表取締役社長兼COO:遠藤浩彰)は、11月8日の「いい刃の日」を記念して、2021年11月9日(火)より、21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3(東京都港区赤坂)にてグローバル刃物ブランド「貝印」が目指す「あじわいのある日々」をテーマとした「美しきKAI Design展 2」を開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25105/309/resize/d25105-309-0d81da57d96a335fdf2f-2.png ]

 世界三大刃物の町・岐阜県関市に生まれた貝印は、1908年に創業したグローバル刃物メーカーです。商品の企画開発から生産、販売、物流までの一連を担う総合刃物メーカーとして、調理道具全般、身だしなみの道具等の日用品や医療用刃物、工業用刃物など、1万点以上の商品を販売しています。

 皆様に日々ご使用いただいている貝印のプロダクトには、日常をより良いものにするための無数のアイデアと、デザインへのこだわりが詰まっています。今回の「美しきKAI Design展2」では、日用品の細部に宿るデザインプロセスを公開。デザイン展は、「PAPER RAZOR」「FUTURE」「DUPS」「BEHIND THE SCENE」の4つのエリアに分かれており、貝印デザインの過去から現在、未来をご理解いただけるよう、年代を問わず幅広いプロダクトを展示いたします。
 皆様の日々をより快適なものにするために一つ一つのプロダクトに込めた情熱やディティールへのこだわりを感じていただくとともに、日用品への愛着を持っていただけたらと考えております。

 また、11月8日(月)より貝印Twitter公式アカウント(@kai_corporation)でフォロワーのみなさまから“未来の刃物”のアイデアを募集し、参加いただいた方の中から抽選で5名さまに関孫六 匠創シェフズナイフ180mmが当たる「#あんなこといいなできたらいい刃」SNSキャンペーンも開催いたします。
 ぜひこの機会に、“いい刃で切り開くより良い未来”への可能性に触れてみてください。

■開催概要
展示名 :「美しきKAI Design展2」
展示期間: 2021年11月9日(火)~11月14日(日) 全日程11:00~18:00
会場   :21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3
  (東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内)
     ※会場では検温、消毒、マスク着用を徹底した上で、混雑状況によっては、入場までお待ちいただく
      場合がございます。

■展示プロダクトについて


PAPER RAZOR

 2021年3月に発表し、2021年度グッドデザイン賞「ベスト100」や2021年日本パッケージングコンテスト「経済産業省産業技術環境局長賞」を受賞した、脱プラスチック※1とSDGsをコンセプトにした世界初※2「紙カミソリ(R)」の開発過程や、コラボレーションプロダクトの展示。

紙カミソリ(R)(5色)
ハンドルに紙、刃体(ヘッド全体含む)に金属を使用することで、カミソリを脱プラスチック※2なアイテムに。
※1 従来比98%のプラスチック部分を削減
※2 金属だけでできたヘッドと紙ハンドルからなるカミソリ(特許第6894054号)
[画像2: https://prtimes.jp/i/25105/309/resize/d25105-309-dfa3e9bc23225d9e54a3-4.png ]




FUTURE

 貝印のデザインチームが「未来の刃物」をテーマに考案した、現状未発売で数年以内に発売可能なプロダクトアイデアを展示。昨年、オンラインにて実施した「美しきKAI Design展」
(URL: https://www.kai-group.com/fun/event/edgemuseum/gallery/)にて公開したプロダクトの3Dモデルも展示。
[画像3: https://prtimes.jp/i/25105/309/resize/d25105-309-5159830bab0b4188acb3-0.png ]




DUPS

 デザイン性に優れ(Design)、独自性があり(Unique)、特許に値し(Patent)、安全(Safety)かつ、物語性のある(Story)という、貝印の商品開発の基準DUPSに基づいた、プロダクトの開発・決定過程を可視化した展示。
展示物:開発過程のデザインデータ、設計図面、試作品の実物など


BEHIND THE SCENE

 「美しきKAI Design展2」のコンセプトを体現するムービーや、広告賞を受賞したクリエイティブをデジタル展示。


■お土産
 特設展「美しきKAI Design展2」にご来場いただいたお写真を、貝印の公式TwitterもしくはInstagramをフォローした上で、ハッシュタグ「#いい刃の日」「#貝印」をつけてTwitter、Instagramで投稿してくださった方は、イベント会場でお土産がもらえるガチャガチャに挑戦いただけます。ガチャガチャに挑戦いただいた方には、景品として、展示されているプロダクトのいずれかを差し上げます。

■「#あんなこといいなできたらいい刃」SNSキャンペーン
 11月8日(月)からは展示と連動する形で、貝印Twitter公式アカウント(@kai_corporation)にて、「#あんなこといいなできたらいい刃」をテーマに、ユーザーが考える“未来の刃物”のアイデアのアイデアを募集。集まったアイデアの中から、秀逸なアイデアは、貝印公式がリプライにて紹介させていただきます。
 さらに参加いただいた方の中から抽選で5名様には関孫六 匠創シェフズナイフ180mmが当たります。

キャンペーン期間:2021年11月8日(月)~ 11月14日(日)
応募方法:貝印Twitter公式アカウント(@kai_corporation)をフォローの上、キャンペーンツイートを引用リツ
     イートするかたちで、ご自身が考えた “未来の刃物”のアイデアを投稿ください。
[画像4: https://prtimes.jp/i/25105/309/resize/d25105-309-e7f0c9558c9fd47473a2-3.jpg ]



【貝印株式会社】
1908年、刃物の町として有名な岐阜県関市に創業。現在、生活に密着した刃物を中心とするカミソリ、メンズグルーミング、ツメキリなどの身だしなみやビューティーケア、包丁をはじめとする調理・製菓、医療用など1万アイテムにもおよぶ商品を展開し、商品の企画開発から生産、販売、物流までの一連を行っているグローバル刃物メーカー。
本社:東京都千代田区岩本町3-9-5  代表取締役社長兼COO:遠藤浩彰  https://www.kai-group.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください