建築家とつくるデザイナーズセレクト住宅「アーキテクチャル・デザイナーズ・マーケット(ADM)」 ブランドネームを「HIROGALIE(ヒロガリエ)」に変更

PR TIMES / 2019年12月10日 11時35分

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:濱村聖一 以下、ハイアス)では、建売住宅と注文住宅購入者の双方の不満を同時に解決する高気密・高断熱のデザイナーズセレクト住宅「アーキテクチャル・デザイナーズ・マーケット(以下、ADM)」事業を全国の加盟店と共に展開しています。この度、これまでのブランドネーム「ADM」を「HIROGALIE(ヒロガリエ)」に変更いたします。

今回のブランドネームの変更は、更なる事業成果の拡大にむけ、本事業で提供する住宅商品の価値をより一層明確に伝えることで市場における認知度向上を図るためのものです。

本事業の発足から約4年が経過した現在、事業開始当初に想定していたエンドユーザーの嗜好性や競合情報等を再整理し、「ADM」が供給する住宅プランが現代の住宅需要にマッチする商品であることを再確認いたしました。一方で、現代の需要にマッチした住宅プランを提供できることをエンドユーザーに素早く、一目で認知し、提供価値を一見して分かっていただけるよう、ブランドネームの変更を判断いたしました。

ブランドネーム「HIROGALIE」とは、限られた土地面積であっても「広く住める、家」という事を意味しています。それは単なる数値の話ではなく、お客様が暮らし始めてから、日常の暮らしの中で実際の面積以上の「広さ」を、さらに「暮らしのヒロガリ」を感じていただけるプランが揃っていることを表しています。例えば、吹き抜けによる上下の空間のつながりや、窓、間口の効果的な使い方による感覚的なヒロガリはもちろん、すっきりと片付いた部屋を生み出すために配置やサイズなどが考え抜かれた収納があるといった物理的なヒロガリなど、「ヒロガリの実現」への様々な工夫が凝らされた空間を提供していきたい、これが「広く住める、家」というブランドに込めた想いになります。この「広く住める、家」という提案を体現する新たなブランドが「HIROGALIE」です。

※ヒロガル+イエ→「HIROGAL+IE」という組み合わせになっています。

ハイアスでは、加盟店様の活動事例も増えてきたこのタイミングで、より一層の事業成果の拡大と市場での認知度向上をめざし、本部としての販促活動もさらに積極的に行い、スピードと質を高めながら商品開発に努めてまいります。

注)ホームページや店舗の看板等の変更、移行期間を設け、2020年6月1日から「HIROGALIE」に完全に統一予定です。

■「アーキテクチャル・デザイナーズ・マーケット(ADM)」
本体価格1,100万円~1,700万円の高気密・高断熱の高性能住宅で、あらかじめアトリエ建築家がデザインしたプランから、エンドユーザーと選択する「セレクト住宅」の新システムです。現在、提供可能な約400プランの全てに住宅設計の経験豊富な建築家の知識や簡易構造計算、温熱計算の実施が標準で含まれています。

「ADM」では独自の検索システムでエンドユーザーがそのような優れた商品・プランを「選べる」ことで顧客満足を高めます。高気密・高断熱を基本とした提案を標準化しながら、契約までの期間の短縮や、新人の営業担当でも簡単に営業手順を覚えることが出来るといったように、住宅会社の営業場面においても、商品力・営業効率の点でこれまでの規格住宅と一線を画す事業といえます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング