朝日旅行 「はじめてのテーマ旅」発売!美術、音楽、バレエ、グルメ、鉄道、ハイキングなど テーマに特化した旅行に初めて参加する人を対象に

PR TIMES / 2014年8月29日 16時28分

~観光だけの旅行とは違う「旅の深み」を追求した知的好奇心を満たす旅~

 JTBグループで、テーマあるゆとりの旅を企画・販売する株式会社朝日旅行(東京都港区、代表取締役社長:井沢 啓)は、テーマ旅にはじめて参加する方に向けた添乗員同行型ツアー「はじめてのテーマ旅」を企画しました。設定期間は2014年10月~2015年4月出発となります。



近年、従来の観光中心の旅行とは違う「旅の深み」を追求した、知的好奇心を満たす旅の人気が高まっています。当社では、観光だけの旅行では物足りない、自分の趣味や興味がある分野を満喫したいという方向けに様々なテーマに特化した旅を企画していますが、初めて参加する方にとってはハードルが高いと感じることも少なくないようです。

 そこで今般、はじめての方でも気軽に楽しめる「はじめてのテーマ旅」を企画しました。以前から興味はあるけど詳しく知らない美術・音楽・バレエからグルメ・列車・ハイキングなど、より心に深く残る、心を満たす、テーマ旅ならではの新たな旅を用意しました。

  ツアーは10月~4月出発の全11コースです。ヨーロッパ、中東、アジアを訪れる、連泊・滞在型の行程です。オペラでは初演の劇場を訪れたり、美術ではフレスコ画の修復作業などを見学、またコースによっては日本人の専門のガイドが解説するなど、テーマ旅の初心者が興味を持って楽しめる内容を取り入れました。

 朝日旅行のツアー参加者の平均年齢は68歳となっており、シニア層の参加が中心となります。共通の趣味や目的を持つ、同年代の方が多いため、参加しやすいと好評です。
 テーマ旅のニーズは年々増える傾向にあり、特に知的好奇心旺盛なアクティブシニア層にその傾向は広がっています。当社では今後もこうしたテーマに特化したツアーなど、参加者の声を生かした商品を拡充していきます。


商品概要
1.商品の特徴
(1)添乗員 :全コース添乗員付
(2)行程  :全コースそれぞれのテーマを満喫できるよう、ゆったり連泊・滞在型!
(3)食事  :美食で有名なレストランや老舗店
(4)ご要望 :自由行動時、ご希望の方には添乗員が街の散策などにご案内します。

2.コース一例
コース名:【はじめてのイタリアオペラ】水の都の至宝 フェニーチェ歌劇場 憧れのオペラハウス8日間 
ツアーポイント: 1.ヴェネツィア・テアトロフェニーチェで、ご当地オペラを鑑賞
         2.ミラノ(ヴェルディ憩いの家)でプライベートコンサート鑑賞
         3.ヴァイオリンの街クレモナでヴァイオリン工房を見学
出発日:12/3、2/18、3/25発(予定)
旅行代金:368,000円~388,000円(予定)

その他のコース
・【はじめてのモーツアルト】  天才作曲家モーツァルトの軌跡を訪ねて 8日間
・【はじめてのエルミタージュ&ロシアバレエ】冬のロマンチック・ロシア 6日間
・【はじめてのルネサンス美術】 ローマ&フィレンツェ滞在 ルネサンス美術散歩と麗しき街々8日間
・【はじめてのフェルメール】 アムステルダム&パリ滞在 フェルメールにあいたい  7日間
・【はじめてのイタリア食の旅】 美食と絶景のナポリ湾の休日とローマ8日間
・【はじめての海外列車の旅】 ポルトガル思い出列車と聖地サンチャゴ 8日間
・【はじめての地中海の島々】 ヴィーナス誕生の島キプロスと十字軍の島マルタ 8日間
・【はじめての中東】 物語イスタンブールと新世界遺産・古都ブルサ 7日間
・【はじめてのアンコールワット】 アンコール遺跡群ウォーキング 6日間
・【はじめてのヒマラヤ】 絶景ヒマラヤ名峰ハイキング  9日間

【テーマ旅に参加したお客様アンケートより抜粋】
■朝日旅行は、旅の全日程に流れる一貫したテーマがあり、旅を通して得られるものが大きい。参加する人も共通の関心を持っているので、グループ旅行の良さを感じる。あれもこれもでなく、テーマが絞られているので、自分の希望に 合った企画を選ぶことが出来る。
■1つのテーマで旅するという事の楽しさ、はまってしまいました。都市滞在の旅は、行ったという実感と記憶に残ります。
■朝日旅行は滞在型を古くから取り入れており、そのノウハウがよく蓄積されている。コースが洗練されていて陳腐ではない。ツアーにテーマがあって面白く、かつためになる。参加者のレベルが平準化しており、不快感を感じることが 少ない。
■連泊を条件にゆっくり旅行を捜しており、朝日旅行に決めました。年齢相応のゆっくりな旅行かつ参加者も年齢の差が少なく、同じペースで動けたのが良かったです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング