エキサイトがインドネシア初のポイント・プログラム・サイト開始

PR TIMES / 2012年6月6日 15時49分



-プレスリリース-

2012年6月6日
報道関係各位
エキサイト株式会社
伊藤忠商事株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     エキサイトがインドネシア初の
    ポイント・プログラム・サイト開始

  ~現地大手財閥シナルマス・グループと共同で
         サービス展開~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エキサイト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今川聖、以下「エ
キサイト」)は、伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:
岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)、及びインドネシアのシナルマス・グループ
(Sinar Mas Group)と共同で、インドネシアにおいて初となるポイント・
プログラム・サイト「エキサイトポイント(http://point.excite.co.id )」
を開始します。

ポイント・プログラムとは、商品やサービスと交換可能な特典として「ポイント」
をユーザーに付与するマーケティング手法で、日本ではインターネットを活用
したポイント・プログラムが既に広く普及しております。「エキサイトポイント」
の利用者は、会員登録、商品の購入、アンケートへの回答など、オンラインでの
活動を通じてポイントを獲得することが出来ます。

ポイントとの交換対象は、ポイント・プログラムに参加している企業の商品や
サービスとなります。参加企業としては、ポイント・プログラムに参加するこ
とで、商品やサービスの販売を促進することになります。
サービス開始当初は、シナルマス・グループ傘下のモバイル通信キャリアである
スマートフレンの無料通話・無料データ通信などとも交換可能になっており、
携帯電話契約者の90%以上がプリペイド契約のインドネシア市場では利用者に
大きなメリットを提供できると考えられます。

現在インドネシアでは航空会社のマイレージやクレジットカード会社のポイント
など、自社のマーケティング活動として提供しているポイント・プログラムは
ありますが、ポイント・プログラムに参加する企業から「広告費」として、ユー
ザーに付与するポイントの原資を確保するモデルは確認できておらず、このよう
なモデルとしてはインドネシア初のポイント・プログラム・サイトとなります。

伊藤忠商事は、エキサイトのブランドホルダーとして、世界66ヶ国に約130の
拠点及びグループネットワークを活用しエキサイトと連携しながらサービス
展開のサポートをしてまいります。1958年のジャカルタ事務所開所以来、50年
以上にわたり、インドネシアにおける地場取引を中心に幅広く事業を展開して
おります。長年の経験とネットワークを活用し、本プログラムの地場マーケ
ティング、ポイント交換先の拡充、広告クライアントの獲得などを支援して
まいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング